未分類

Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストールしちゃお

取り合えず触ってみるが一番w
つーことでインストール開始・・・・

検証環境
VMware5
CPU 3.2GHz
HDD 8GB
Mem 512MB

*環境はVMwareを使用しているため実機との動作が一部、異なる可能性があります。あしからず。

  1. CDブートでインストール
    今回、Microsoftから提供されているisoファイルはDVDです。製品版はCD版も出るとは思いますが、Beta3はDVDがついてないと実機ではインストールさえできないです(;´Д`)         

    日本語版をインストール開始すると
    インストールする言語 日本語
    時刻と通貨の形式 日本語(日本)
    キーボードまたは入力方式 Microsoft IME
    キーボードの種類 日本語キーボード(106/109キー)

    コレがデフォルトです。特殊な環境じゃない限りかえる必要は無いですね。
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール01 
     

  2. 今すぐインストール・・・って後でインストールとかもあんのかよw
    たしかVistaも似た感じじゃなかったかな?ベースのインストーラが一緒なのかな?
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール02 
     
  3. プロダクトキーを入力します。
    Longhornをダウンロードするときに発行されたプロダクトキーを入力します。
    今回はStandard Editionのキーを入力しました。
    「オンラインになったときに、自動的にWindowsのライセンス認証の手続きを行う」にチェックを入れます。
    チェック入れないと30日以内に認証してください警告が出ると思います。
    認証を行わないとWindows Server 2003同様にログインできなくなると思います。        

    ちなみプロダクトキーの入力を行わなくともインストールができます。
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール03 
     

  4. インストールするオペレーティングシステムを選択してください
    ・Windows Longhorn SERVERSTANDARD
    ・Windows Longhorn SERVERSTANDARDCORE
    通常は上だと思います。Coreってわかんないです。        

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール04

    プロダクトキーを入れなかった場合はこんな感じです。
    自分でEditionえらんでね・・・違うの選んだらだめよって警告が出ます。
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール12 
     

  5. 同意しましょう
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール12  
     
     
  6. カスタムしか選べません。なにもカスタムにできませんがw
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール05 
      
     
  7. HDDを選択します。
    パーティションの作成・削除、フォーマットなんかもココでやります。
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール06 
      
     
  8. インストールが開始されたら、あとは放置です。 
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール07 
     
     
  9. インストールの途中でWindows Vistaって出ちゃってます
    Beta3なんでw
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール08 
     
     
  10. インストール完了後、初期画面です。
    2003とはちょっと違うです。
    Windows Server “Longhorn” Beta 3 インストール9  

今回は、本当にインストールしただけです。
インストール自体は簡単でした。
時間も1時間もかかりませんでした。
次は、OSのベーシックな部分をレビューしてきたいきます。

Related post

  1. 未分類

    ウェブ人間論 梅田望夫、平野啓一郎

    梅田氏の本を「ウェブ進化論」に続き読んでみました。内容はウェブ進化…

  2. 未分類

    バックアップを取りましょ その3 (SystemRescueCDでリストア)

    今回は、「バックアップを取りましょ その2 (SystemRescue…

  3. 未分類

    仮想化技術ってつかえるの?

    一台のサーバに複数のOSをいれちゃって物理リソースを共有しちゃう技術で…

  4. 未分類

    P2Vした仮想マシンをHyper-v上でベンチマークテストしてみました

    巷では、Hyper-v 2.0のベンチマークはいっぱい出てまいますが、…

  5. 未分類

    Karesansuiのインストール方法

    HDEが公開したオープンソースなサーバー仮想化管理ソフトウェア「Kar…

  6. 未分類

    bonding

    bondingです。チーミングです。NICを冗長化します。検証環…

  1. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。
  2. Azure

    Scale SetをAnsibleで構成管理してみる。でもHTTPで公開できない…
  3. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(4) クライアント編
  4. Azure

    Windows Server で Windows コンテナが動くんです!ちょっと…
  5. Azure

    Azureのシンボルをpngに変換してみた。I converted the sy…
PAGE TOP