未分類

CentOSにHinemosをインストールする方法(4) クライアント編

「CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編」に引き続き
運用管理端末にクライアントをインストールします。

ココからダウンロード
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/

HinemosClientInstaller-2.4.0.msi
をインストールします。

次に運用管理監視サーバのマネージャ、およびエージェントが立ち上がっていることを確認してください。

HimemosClientを立ち上げます。
Hinemos 起動画面

ログイン画面が表示されます。
ログイン画面

ユーザID: hinemos
パスワード: hinemos
接続URL: jnp://192.168.254.60:1099
ユーザIDとパスワードは初期設定です。

ログインできた場合。
ログイン完了画面

初期画面
初期画面

ココまで表示されればインストールは成功しています(と思います・・・)。

次回は対象のノードの追加など設定部分をみていきます。

つづく

Related post

  1. 未分類

    National Information Security Center

    コレだけ聞くとナショナルのサービスかなんかと間違いそうだが内閣官房情…

  2. 未分類

    シリアルATA用オプション(メモ)

    φ(`д´)カキカキシリアルATA用modprobeするもの…

  3. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク  RHEL5もベンチしてみる

    前回の続きです。 リリース版をダウンロードしてベンチマークをとりました…

  4. 未分類

    オタリーマンを買ってしまった。

    なんとなく本屋でオタリーマンを立ち読みしてました。顔が(・∀・)ニ…

  5. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる)

    SystemRescueCDはCDではなくUSBに入れることができます…

  6. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)

    オープンソースの3Dデスクトップ環境がSunからリリースされたもようで…

  1. 未分類

    Hotwired Japan → WIRED VISION
  2. AWS

    Storage Gateway を Windows Server バックアップの…
  3. AWS

    マネージドサービスだけでAzureとAWSを接続する方法。
  4. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレー…
  5. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法 追記
PAGE TOP