未分類

CentOSにHinemosをインストールする方法(4) クライアント編

「CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編」に引き続き
運用管理端末にクライアントをインストールします。

ココからダウンロード
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/

HinemosClientInstaller-2.4.0.msi
をインストールします。

次に運用管理監視サーバのマネージャ、およびエージェントが立ち上がっていることを確認してください。

HimemosClientを立ち上げます。
Hinemos 起動画面

ログイン画面が表示されます。
ログイン画面

ユーザID: hinemos
パスワード: hinemos
接続URL: jnp://192.168.254.60:1099
ユーザIDとパスワードは初期設定です。

ログインできた場合。
ログイン完了画面

初期画面
初期画面

ココまで表示されればインストールは成功しています(と思います・・・)。

次回は対象のノードの追加など設定部分をみていきます。

つづく

Related post

  1. 未分類

    Karesansuiのインストール方法

    HDEが公開したオープンソースなサーバー仮想化管理ソフトウェア「Kar…

  2. 未分類

    仮想化技術ってつかえるの?

    一台のサーバに複数のOSをいれちゃって物理リソースを共有しちゃう技術で…

  3. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 ってどうよ…

    LonghornのBeta3が一般公開されました早速レポートしてみた…

  4. 未分類

    バックアップを取りましょ その3 (SystemRescueCDでリストア)

    今回は、「バックアップを取りましょ その2 (SystemRescue…

  5. 未分類

    CD、FDがないノートパソコンにCentOS5を入れる方法

    CD、FDがないモバイルなノートパソコンにCentOS5を入れる方法で…

  6. 未分類

    シリアルATA用オプション(メモ)

    φ(`д´)カキカキシリアルATA用modprobeするもの…

  1. Azure

    ユーザーにパスワードリセットさせたいときはAzure Active Direct…
  2. Azure

    Azure Load Balancerと Azure Application G…
  3. Azure

    Runbook ギャラリーの Start Azure V2 VMs / Stop…
  4. Linux

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストール時の解像…
  5. Azure

    Azureポータルの地味なキーボードショートカット
PAGE TOP