未分類

CentOSにHinemosをインストールする方法(4) クライアント編

「CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編」に引き続き
運用管理端末にクライアントをインストールします。

ココからダウンロード
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/

HinemosClientInstaller-2.4.0.msi
をインストールします。

次に運用管理監視サーバのマネージャ、およびエージェントが立ち上がっていることを確認してください。

HimemosClientを立ち上げます。
Hinemos 起動画面

ログイン画面が表示されます。
ログイン画面

ユーザID: hinemos
パスワード: hinemos
接続URL: jnp://192.168.254.60:1099
ユーザIDとパスワードは初期設定です。

ログインできた場合。
ログイン完了画面

初期画面
初期画面

ココまで表示されればインストールは成功しています(と思います・・・)。

次回は対象のノードの追加など設定部分をみていきます。

つづく

Related post

  1. 未分類

    iPhoneとVPNの暗号化レベル

    iPhoneのVPN機能は、すごい便利です。急を要するときには、家…

  2. 未分類

    drbdの起動方法

    サーバを再起動した場合、secondary/secondaryで起動さ…

  3. 未分類

    National Information Security Center

    コレだけ聞くとナショナルのサービスかなんかと間違いそうだが内閣官房情…

  4. 未分類

    LPIC Level3を受験しよう

    LPIC Level3を受験します。せっかくLevel2を持っ…

  1. Azure

    Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。
  2. AWS

    ひとつのEBSを分割してみますよ
  3. Windows

    IIS8.0でPHPを使ってみよう
  4. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!…
  5. Azure

    仮想マシンのコア数制限について。
PAGE TOP