AWS

ひとつのEBSを分割してみますよ

はじめに

くどうです。

今回は、EBSのパーティション小手先技です。
通常、パーティションを分ける場合は新たにEBSボリュームを追加し分けることが多いと思います。
しかし、SSDの場合には容量によってIOPSが設定されるため、ひとつのボリュームで大きくとった方がお得です。
そこで、ボリュームを分けるひとつ方法として解説していきます。

容量が300GBのEBSで
AMIはCentOS(hvm)です。
hvmの場合って自動的にresizeしてくれないんですよねorz

作業順序

①最初はルートパーティションは8GB
②後ろから200GBを確保
③ルートパーティションを100GBに拡張

hddextend

後ろから200GBを確保

最初にパーティションの変更を行うめpartedをインストールします。
# yum install parted

partedを起動します。

MB表示にします。

現在のパーティションを表示します。

パーティションを作成します。
開始は後ろから200GBを確保します。

再起動します。

ファイルシステム作成します。
xvda2が作成されているのでext4にします。

Partedで確認します。

マウントしてみましょう。fstabに以下を追加。

マウントを確認します。

ルートパーティションを100GBに拡張

確認が行えたら、次にルート側を拡張します。
dracut-modules-growrootをインストールします。

以下がインストールされます。
cloud-utils-growpart
dracut-modules-growroot

コマンドでパーティションを拡張します。

参考:CentOS on Amazon EC2 でディスクサイズ変更しても変わらないときの対処方法

起動を確認した場合は

自動的にリサイズされるAMIの場合は方法が異なります。
最初にルートパーティション分のEBSを確保し以下の行を削除し、Partedで調整しましょう。

# vi /etc/cloud/cloud.cfg
– growpart
– resizefs

まとめ

安価にひとつのEBSで少々パフォーマンスを向上させたいときにいかがでしょうか。

Related post

  1. Linux

    Ubuntu 18.04 on windows subsystemが消せない。

    Ubuntu 18.04がMicrosoft Storeにあったのイン…

  2. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  3. AWS

    EC2のリソースIDが長くなります。

    はじめにくどうです。新しく作成したアカウントではAWSがI…

  4. AWS

    超メモ:cloud-initでgrowpartを利用する場合の注意

    はじめにくどうです。超メモです。これは、ハマリました。だってc…

  5. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意…

    はじめにくどうです。DSaaSをProxyを使用する場合の…

  6. AlibabaCloud

    Azure、AWS、GCP、Alibaba CloudのCPU脆弱性対応のまとめ

    くどうですCPUの脆弱性が公開されて各クラウドベンダーが対応し…

  1. その他

    PowerMockupが便利でっせ。有料だけど。
  2. AWS

    mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。
  3. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。
  4. 未分類

    CD、FDがないノートパソコンにCentOS5を入れる方法
  5. Azure

    de:code 2016に参加した!
PAGE TOP