AWS

ひとつのEBSを分割してみますよ

はじめに

くどうです。

今回は、EBSのパーティション小手先技です。
通常、パーティションを分ける場合は新たにEBSボリュームを追加し分けることが多いと思います。
しかし、SSDの場合には容量によってIOPSが設定されるため、ひとつのボリュームで大きくとった方がお得です。
そこで、ボリュームを分けるひとつ方法として解説していきます。

容量が300GBのEBSで
AMIはCentOS(hvm)です。
hvmの場合って自動的にresizeしてくれないんですよねorz

作業順序

①最初はルートパーティションは8GB
②後ろから200GBを確保
③ルートパーティションを100GBに拡張

hddextend

後ろから200GBを確保

最初にパーティションの変更を行うめpartedをインストールします。
# yum install parted

partedを起動します。

MB表示にします。

現在のパーティションを表示します。

パーティションを作成します。
開始は後ろから200GBを確保します。

再起動します。

ファイルシステム作成します。
xvda2が作成されているのでext4にします。

Partedで確認します。

マウントしてみましょう。fstabに以下を追加。

マウントを確認します。

ルートパーティションを100GBに拡張

確認が行えたら、次にルート側を拡張します。
dracut-modules-growrootをインストールします。

以下がインストールされます。
cloud-utils-growpart
dracut-modules-growroot

コマンドでパーティションを拡張します。

参考:CentOS on Amazon EC2 でディスクサイズ変更しても変わらないときの対処方法

起動を確認した場合は

自動的にリサイズされるAMIの場合は方法が異なります。
最初にルートパーティション分のEBSを確保し以下の行を削除し、Partedで調整しましょう。

# vi /etc/cloud/cloud.cfg
– growpart
– resizefs

まとめ

安価にひとつのEBSで少々パフォーマンスを向上させたいときにいかがでしょうか。

Related post

  1. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる

    はじめにくどうですお気軽にSlackで死活監視。疎通確認が行え…

  2. AWS

    意外と知られていないAWS認定試験の合格特典、模擬試験が無料で受けれます。

    AWS認定試験の特典実はあまり知られていないかもしれませんが、AW…

  3. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!

    はじめにくどうです。Google Stackdriver …

  4. Docker

    Docker on Ubuntu16.04 on Windows Subsystem for Lin…

    WSL(Windows Subsystem for Linux)でDo…

  5. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  1. 未分類

    ウェブ人間論 梅田望夫、平野啓一郎
  2. 未分類

    オープンソースカンファレンス 2008 Hokkaido
  3. Azure

    Azure Application Gateway で Let’s Encryp…
  4. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!
  5. 未分類

    シリアルATA用オプション(メモ)
PAGE TOP