Azure

Azure Active Directoryを削除する。なんか消えないんすけど。

はじめに

今回はAzure Active Directory(以下AAD) の削除方法について解説してきたいと思います。
一度利用したAADはポータルから一発削除が行えない場合があります。
一部、Azure PowerShellでの操作が必要となります。

こちらもご参考ください。以下の作業だけで消えないケースの方が多いみたいです。
http://level69.net/archives/23475

インストール方法などは以下を参照してください。

Azure PowerShell のインストールと構成の方法
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/powershell-install-configure/

ユーザーの削除

最初に、ユーザーの削除を行います。
ポータルからディレクトリの削除を行い、以下のようなエラーが表示される場合があります。

delad01

次の問題があるため、このディレクトリを削除できません
・ディレクトリに複数のユーザーが含まれています。

ユーザーを削除する必要があります。
ポータルからも削除できますが、オンプレミスと連携した場合はPowerShellでなければ削除できないのです。office365の管理画面からも削除できます。
エラーが出ない場合は、次項へ進みます。

先ずユーザーを削除します。
PowerShellコンソールを開きAADへ接続します。
注意:事前に全体管理者(Global admin)の権限を持ったユーザーが必要です。

全体管理者(Global admin)の権限を持ったユーザーのCredentialを入力します。

以下のコマンドでユーザーを確認します。

不要なユーザーを確認します。

不要なユーザー削除します。

ex

以上でユーザーの削除は完了です。

グループの削除

グループの削除を行います。

グループはすべて削除します。
ポータルからも削除できますが、オンプレミスと連携した場合はPowerShellでなければ削除できません。office365の管理画面からも削除できます。

以上ですべてのグループが削除できます。

アプリケーションの削除

アプリケーションとの連携を削除します。
ポータルからディレクトリの削除を行い、以下のようなエラーが表示される場合があります。

delad02

次の問題があるため、このディレクトリを削除できません
・ユーザーまたは管理者が追加した1つ以上のアプリケーションがディレクトリに存在します。

削除します。

エラーは無視します

以上で削除完了です。

ドメインの削除

追加したカスタムドメインを削除します。
ポータルから削除できます。もしくは以下のコマンドで削除します。

ドメインの確認

ドメインの削除

以上で削除完了です。

ディレクトリ統合

アクティブ化したディレクトリ同期を非アクティブにします。
ポータルから非アクティブ化できます。もしくは以下のコマンドで非アクティブ化します。

ディレクトリの削除

PowerShellで接続するために作成したユーザーをポータルから削除します。

delad03

以上で削除完了です。

おわりに

コンソールからアプリケーションが追加された場合、ポータルから削除できないことがあります。
一部、上記の方法でも削除できないケースもあります。
おいおいそこら辺は、書こうと思います。

ではでは、良いAzure Lifeを。

Related post

  1. AWS

    Azure仮想マシンがやってるポートフォワーディングをAWSのELBでやってみる。

    くどうです。小ネタです。Azureでは便利なことに仮想マシンを新…

  2. Azure

    SCOMで監視できるAzure(リソースマネージャ側)のサービス

    はじめにくどうです。SCOMで監視できるAzureのサービスSC…

  3. AWS

    パソコン同士をVPNで接続する方法(お気に入りツールの紹介)

    はじめにくどうですパソコン同士をVPNで接続する場合が多く…

  4. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  5. Azure

    同サブスクリプションでVNET間接続を行う。ポータルでも設定できます。

    はじめにくどうです。VNET間接続、ポータルでもちゃんと設…

  6. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。

    はじめにくどうです。ちょっと、Azureで仮想マシンのDi…

  1. 未分類

    バックアップを取りましょ その2 (SystemRescueCDでバックアップ)…
  2. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定
  3. Azure

    マルチテナントでWindows 10 を利用できるパートナー一覧
  4. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27…
  5. Linux

    超メモ:一発rubyインストールなスクリプト
PAGE TOP