Azure

AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。

はじめに

くどうです。東京であつくて溶けました。

最近では、AWSからAzureへ移行するケースが増えています。
そこで、数回に分けてAWSからAzureへの移行パターンを考えてきたいと思います。

NAT設置パターン

はじめ、よくあるパターンとしてNAT設置パターンを考えていきます。

NATを構築する理由として、プライベートセグメントを作成する場合によくあります。
プライベートセグメントから外部へ通信を行うために必要とします。
以下の図をもとに要件をまとめていきたいと思います。

  • プライベートのセグメントを作成する。
  • Availability Zone によって冗長構成を作成する。
  • NATを設置する。
  • ルートテーブルでプライベートセグメントのデフォルトゲートウェイをNATにする。

toazure_nat_01

では、この要件をAzureに適用した場合を考えていきます。

  • プライベートセグメントは、仮想ネットワーク内でサブネットを分割して実現します。
  • AZの冗長構成は、可用性セットにより実現します。
  • NATを設置します。
  • User Defined Routes でプライベートセグメントのデフォルトゲートウェイをNATに設定します。

toazure_nat_02

こう見ていくと AWS から Azure へ移行するのも簡単ですね。

おわりに

Azure だからできない?とかはありません。基本 AWS でできることは Azure できます。
AWS から Azureへの移行も簡単に行えます。これに加えて、EC2 インスタンスも Azure Site Recovery を利用すると簡単に移行ができます。
次回は、Step by Stepで構築方法を解説していきたい思います。
ではでは、良い Azure Life を。

Related post

  1. Azure

    WordPressをAzureWebSiteに移行する方法

    最近は、WordPressを利用する人も多くなってきました。そこで、…

  2. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

  3. AWS

    パソコン同士をVPNで接続する方法(お気に入りツールの紹介)

    はじめにくどうですパソコン同士をVPNで接続する場合が多く…

  4. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  5. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。

    はじめにくどうです。最近、よく聞かれることがあります。「A…

  1. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク  RHEL5もベンチしてみる
  2. Azure

    Azureの公式ドキュメントを更新しよう!だれでも更新できるんですよ。
  3. Azure

    ユーザーにパスワードリセットさせたいときはAzure Active Direct…
  4. その他

    第1回IETF勉強会に参加してきました。標準化の世界へようこそ。
  5. Linux

    Ubuntu 18.04 on windows subsystemが消せない。
PAGE TOP