Azure

AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。

はじめに

くどうです。東京であつくて溶けました。

最近では、AWSからAzureへ移行するケースが増えています。
そこで、数回に分けてAWSからAzureへの移行パターンを考えてきたいと思います。

NAT設置パターン

はじめ、よくあるパターンとしてNAT設置パターンを考えていきます。

NATを構築する理由として、プライベートセグメントを作成する場合によくあります。
プライベートセグメントから外部へ通信を行うために必要とします。
以下の図をもとに要件をまとめていきたいと思います。

  • プライベートのセグメントを作成する。
  • Availability Zone によって冗長構成を作成する。
  • NATを設置する。
  • ルートテーブルでプライベートセグメントのデフォルトゲートウェイをNATにする。

toazure_nat_01

では、この要件をAzureに適用した場合を考えていきます。

  • プライベートセグメントは、仮想ネットワーク内でサブネットを分割して実現します。
  • AZの冗長構成は、可用性セットにより実現します。
  • NATを設置します。
  • User Defined Routes でプライベートセグメントのデフォルトゲートウェイをNATに設定します。

toazure_nat_02

こう見ていくと AWS から Azure へ移行するのも簡単ですね。

おわりに

Azure だからできない?とかはありません。基本 AWS でできることは Azure できます。
AWS から Azureへの移行も簡単に行えます。これに加えて、EC2 インスタンスも Azure Site Recovery を利用すると簡単に移行ができます。
次回は、Step by Stepで構築方法を解説していきたい思います。
ではでは、良い Azure Life を。

Related post

  1. Azure

    elasticsearch + kibana を5分ぐらいで構築する。

    くどうです。Azure上にelasticsearchを5分で構…

  2. Azure

    「バルス!」 Vuls祭り#1に行ってきた。

    しゃべってきたくどうですVuls祭り#1に行ってきました。…

  3. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

    はじめにくどうです。皆さんは、LinuxConをご存知でし…

  4. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる

    はじめにくどうですお気軽にSlackで死活監視。疎通確認が行え…

  5. Azure

    MCP 70-534 Architecting Microsoft Azure Solutions …

    受験の感想くどうです。MCP 70-534 Archite…

  1. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!…
  2. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  3. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。
  4. 未分類

    アップグレードしました。
  5. 未分類

    Hotwired Japan → WIRED VISION
PAGE TOP