AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かもよ。

はじめに くどうです。 前回の投稿では概要だけ説明しました。 AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。 今回は、実際にNATを設置する方法えお、解説していきます。 鍛えられたAzurerさん達は見なくても大丈夫! 概要 概要を説明します。 プライベートセグメントから外部へ通信する場合、NATを利用して外部との通信を行います。 そのため、NATを設置しルーティングによりプライベートセグメントからのデフォルトルートをNATにします。 NATをデフォルトルートに設定する場合、UDRを設定します。UDRを設定する場合、仮想ネットワークへ所属している必要があります。制限事項になります。 今回、大きく分けて手順はい以下になります。 ①仮想ネットワーク ②NATの構築 ③ルーティングの設定 仮想ネットワーク 仮想ネットワークは1つ作成します。 その中でSubnetを3つ作成します。 以下の構成で作成していきます。 仮想ネットワーク:vnet-1 日本(東) 10.0.0.0/16 Subnet1:Private-1 10.0.0.0/24 Subnet2:Private-2 10.0.1.0/24 Subnet3:Public-1 10.0.2.0/24 DNSは指定しない 1、左メニューからネットワークを開きます。下部「新規」から作成するか、右ペイン「仮想ネットワークの作成」をクリックします。 2、[名前]に[vnet-1]を入力します。[場所]に[日本(東)]を選択します。 3、[DNSサーバーおよびVPN接続]画面での変更点はありません。DNSで変更が必要な場合は変更してください。設定後でも変更は可能です。 4、[想ネットワーク アドレス空間]画面でCIDRを[/16(65536)]へ変更します。 サブネットに以下を入力します。 [Private-1] [10.0.0.0] [/24(256)] [Private-2] [10.0.1.0] [/24(256)] [Public-1] [10.0.2.0] [/24(256)] 5、以上で仮想ネットワークの作成が出来ました。 NATの構築 ここからは、NATを作成します。 以下の構成で作成します。 各仮想マシンは仮想ネットワーク(vnet-1)に属します NAT仮想マシン:lv69nat 10.0.2.10(IPアドレス固定) 確認マシン1:lv69src1 確認マシン2:lv69src1 クラウドサービスDNS名:lv69demo 可用性セット:lv69ha(lv69src1とlv69src2が属します) … Continue reading AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かもよ。