Azure

WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!

はじめに

くどうです。
前回のコンテナの基本的な扱いの続きです。今回は、ContainerでWebサーバーを起動して接続してみます。

Quick Start
https://msdn.microsoft.com/virtualization/windowscontainers/quickstart/managepowershell#HostaWebServerinaContainer

Azureの設定

Containerで利用されるIPアドレスが172.16.0.0/24です。
仮想マシンに割り当てられるIPアドレスは172.16.0.0/16のため、重複するとQuik Start通りにいきません。
そこで、仮想マシンを作成する過程でIPアドレスを変更します。
図のようにプレビューポータルでは、作成時にIPアドレスの設定をします。
CIDRを10.0.0.0/16に指定します。

cont001

もしくは、仮想ネットワークへ作成し所属させましょう。

エンドポイントを指定します。HTTPをTCPでパブリックポート:80、プライベートポート:80で作成します。

cont002

プレビューポータルでの設定は完了です。

Containerの設定

Powershellを起動します。

New-ContainerコマンドでContainerを作成します。

Start-ContainerコマンドでContainerを起動します。

Enter-PSSessionコマンドでContainerに接続します。

Quik Startではnginxをインストールしていますが、せっかくのWidnowsServerなのでIISをインストールします。
Add-WindowsFeatureコマンドでWeb-Serverを追加します。

IPを確認します。

終了します。

Get-NetNatコマンドでのNameを確認します。
ContainerNATです。

Add-NetNatStaticMappingコマンドでポートフォワーディングの設定をします。
InternalIPAddressには、ContainerのIPを指定します。ExternalIPAddressには0.0.0.0を指定します。

ファイヤーウォールの設定をします。HTTP(TCP/80)を開けます。

確認

仮想 IP アドレスを確認し、IISのデフォルトページが表示できることを確認します。

cont003

まとめ

Containerの設定を行いました。ContainerがWindowsなのでIISが動きます。
多少、Quick Startにははまりましたが、問題なく動作しています。
Azureの場合は、エンドポイントの指定など設定ポイントが少々異なります。気を付けましょう。
ではでは。

Related post

  1. Azure

    WordPressをAzureWebSiteに移行する方法

    最近は、WordPressを利用する人も多くなってきました。そこで、…

  2. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  3. Azure

    HDInsightのKafkaをJolokia(REST API)でモニタリングしてみる。

    はじめにくどうですHDInsightをモニタリングしたい場…

  4. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサポートしました。これ…

    はじめにくどうです。Serverless Framewor…

  5. Azure

    クラウド間のファイル共有はSMBで暗号化しよう。

    はじめにくどうです。最近は、クラウド間でファイル共有を行う…

  6. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azure Resource…

    はじめにくどうです。最近、PCを入れ替えてAzure PowerS…

  1. 未分類

    Linux Kernel 2.6.17 – 2.6.24.1 vms…
  2. 未分類

    オタリーマンを買ってしまった。
  3. Azure

    Azure Database for MySQL PreviewのServer …
  4. Azure

    Windows Server で Windows コンテナが動くんです!ちょっと…
  5. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。
PAGE TOP