Azure

Azure PowerShell 1.0 Preview を導入してみよう。ちょっと便利になるかな?

はじめに

くどうです。
Azure PowerShell 1.0 Previewがでました。ですので、使ってみましょう。
プレビューなのでミッションクリティアルな場面では利用しないでくだない(だそうです)。

元ネタ
Azure PowerShell 1.0 Preview
https://azure.microsoft.com/en-gb/blog/azps-1-0-pre/

Resource Manager コマンドレットを導入する

事前に旧バージョン(~0.9.8)Microsoft Azure PowerShellをアンインストールしておきましょう。

実行ポリシーを変更します。

NuGetギャラリーからモジュールをダウンロードしインストールします。

事前にMicrosoft Azure PowerShell をアンインストールしない場合下記のエラーが発生します。

Insall-AzureRMコマンドレットでモジュールをインストールします。

Login-AzureRmAccount コマンドレットでログインします。
ログイン画面が表示されます。

サブスクリプションを確認し選択します。

Get-AzureRmVMコマンドレットでVMの情報を取得してみます。

Service Management コマンドレットの導入

AzureRm系のコマンドレットをインストールした状態だとService Management側(Azure ポータルのリソース)の操作が行えません。
そこで、Import-Module Azureにより利用できるようにします。

アカウントの追加も問題なく行えます

仮想マシンの状態を確認します。

削除

削除する場合は以下のコマンドレットです。

まとめ

SwitchせずにResource Managerが利用できるので便利です。
現在は、プレビューでPowerShellを用いてのインストールのみです。
インストーラーでの提供が行われるまで我慢しましょう。

おまけ:AzureRMのコマンドレット一覧

Add-AzureRm~ という形に入れ替わってます

Related post

  1. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。

    最近、Azureの進化が止まらないので自分でも整理するために出力してみ…

  2. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  3. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  4. Azure

    Azure Active Directory の削除方法。それ、ServicePrincipalの問…

    はじめにくどうです。みなさんAzure Active Direct…

  5. Azure

    Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。

    はじめにくどうです。RemoteAppでもローカル(クライアント)…

  6. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。

    はじめにくどうです。最近、よく聞かれることがあります。「A…

  1. Azure

    クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します…
  2. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。
  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。
  4. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!…
  5. 未分類

    仮想化技術ってつかえるの?
PAGE TOP