Azure

Azure PowerShell 1.0 Preview を導入してみよう。ちょっと便利になるかな?

はじめに

くどうです。
Azure PowerShell 1.0 Previewがでました。ですので、使ってみましょう。
プレビューなのでミッションクリティアルな場面では利用しないでくだない(だそうです)。

元ネタ
Azure PowerShell 1.0 Preview
https://azure.microsoft.com/en-gb/blog/azps-1-0-pre/

Resource Manager コマンドレットを導入する

事前に旧バージョン(~0.9.8)Microsoft Azure PowerShellをアンインストールしておきましょう。

実行ポリシーを変更します。

NuGetギャラリーからモジュールをダウンロードしインストールします。

事前にMicrosoft Azure PowerShell をアンインストールしない場合下記のエラーが発生します。

Insall-AzureRMコマンドレットでモジュールをインストールします。

Login-AzureRmAccount コマンドレットでログインします。
ログイン画面が表示されます。

サブスクリプションを確認し選択します。

Get-AzureRmVMコマンドレットでVMの情報を取得してみます。

Service Management コマンドレットの導入

AzureRm系のコマンドレットをインストールした状態だとService Management側(Azure ポータルのリソース)の操作が行えません。
そこで、Import-Module Azureにより利用できるようにします。

アカウントの追加も問題なく行えます

仮想マシンの状態を確認します。

削除

削除する場合は以下のコマンドレットです。

まとめ

SwitchせずにResource Managerが利用できるので便利です。
現在は、プレビューでPowerShellを用いてのインストールのみです。
インストーラーでの提供が行われるまで我慢しましょう。

おまけ:AzureRMのコマンドレット一覧

Add-AzureRm~ という形に入れ替わってます

Related post

  1. Azure

    Office365のポータルから購入できるライセンスはいっぱいあります。

    はじめにくどうです。前回、Office365でAzure …

  2. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

  3. AWS

    超メモ:cloud-initでgrowpartを利用する場合の注意

    はじめにくどうです。超メモです。これは、ハマリました。だってc…

  4. Azure

    Azureでは仮想マシンのパスワードをポータルからリセットできます。

    はじめにくどうです。Azureで、仮想マシンのパスワードを…

  5. Azure

    AzureにKubernetesを展開する5つの方法

    はじめにくどうです。今回は、AzureにKubernete…

  1. Windows

    ハードディスクの書き込みキャッシュを起動時にONにする
  2. AWS

    VPC Peering、Direct Connectで同セグメントの通信を実現す…
  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かも…
  4. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  5. dev

    Visual Studio 2017 をインストールしようとしたけど失敗、でも解…
PAGE TOP