Azure

Azure PowerShell 1.0 Preview を導入してみよう。ちょっと便利になるかな?

はじめに

くどうです。
Azure PowerShell 1.0 Previewがでました。ですので、使ってみましょう。
プレビューなのでミッションクリティアルな場面では利用しないでくだない(だそうです)。

元ネタ
Azure PowerShell 1.0 Preview
https://azure.microsoft.com/en-gb/blog/azps-1-0-pre/

Resource Manager コマンドレットを導入する

事前に旧バージョン(~0.9.8)Microsoft Azure PowerShellをアンインストールしておきましょう。

実行ポリシーを変更します。

NuGetギャラリーからモジュールをダウンロードしインストールします。

事前にMicrosoft Azure PowerShell をアンインストールしない場合下記のエラーが発生します。

Insall-AzureRMコマンドレットでモジュールをインストールします。

Login-AzureRmAccount コマンドレットでログインします。
ログイン画面が表示されます。

サブスクリプションを確認し選択します。

Get-AzureRmVMコマンドレットでVMの情報を取得してみます。

Service Management コマンドレットの導入

AzureRm系のコマンドレットをインストールした状態だとService Management側(Azure ポータルのリソース)の操作が行えません。
そこで、Import-Module Azureにより利用できるようにします。

アカウントの追加も問題なく行えます

仮想マシンの状態を確認します。

削除

削除する場合は以下のコマンドレットです。

まとめ

SwitchせずにResource Managerが利用できるので便利です。
現在は、プレビューでPowerShellを用いてのインストールのみです。
インストーラーでの提供が行われるまで我慢しましょう。

おまけ:AzureRMのコマンドレット一覧

Add-AzureRm~ という形に入れ替わってます

Related post

  1. Azure

    Azureのサービスレベル契約の早見表。詳しくは調べてください。

    サービスレベル契約 早見表くどうです。早見表(2015/08/0…

  2. AWS

    AzureとAWSを接続してみようと思うけどどうやるの?

    はじめにくどうです。2015年初投稿です。クラウド間で接続して…

  3. Azure

    Node Auto-Scaling + Kubernetes with ACS-Engine on …

    はじめにくどうです。Azure上に、ACS-Engineで…

  4. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)

    更新アップデートしてたのでPowerMockupのシェイプも更新…

  5. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。

    はじめにくどうです管理運用面倒ですね・・・そこで、楽に…

  1. その他

    PowerMockupが便利でっせ。有料だけど。
  2. AWS

    EC2のリソースIDが長くなります。
  3. Azure

    AzureのリソースマネージャーではNATは構成できません。てか、構成する必要が…
  4. Azure

    Application Gateway web application fire…
  5. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azur…
PAGE TOP