Azure

Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。

はじめに

くどうです。

ちょっと、Azureで仮想マシンのDiagnosticsのログ眺めてたら気づいたのでメモ。
今のところLinuxのログについてのみです。

フォーマット比較

LinuxCpuVer2v0だけです。それしか見れなかった。

古い方
log
新しい方
log2

何が変わったか
・カラムDeploymentIdが増えてる
・RowKeyのフォーマットが変わった

何時変わったのか
わかりません(w

これによって何が影響するのか
・独自にログを参照し、監視など行っている場合見れなくなる可能性がある

おわりに

実は本家のポータルからLinux系(CentOS、Redhat、Debian、Ubuntuなどなど)のグラフも表示されないし、アラートも飛ばなくなってるヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
たぶん監視できる項目とか増やしアップデートを行ったために整合性取れなくなってるんだと思うけど、Azureのアラートは便利なので早く直ること期待。
やっぱZabbixとかで独自に監視している人が多いのかなぁ

ではでは

Related post

  1. Azure

    SQL Server で照合順序 Japanese_CI_AS どこ消えた?あった。

    はじめにくどうですSQLServerをインストールしていた…

  2. Azure

    Azure Firewall でFQDN filtering を利用してみる。

    はじめに新たにAzure Firewallがリリース(プレビュー)…

  3. Azure

    仮想マシンの構成がダイアグラムで確認できます。

    ダイアグラムで表示くどうです。いつの間にか、仮想マシンがダ…

  4. Azure

    「バルス!」 Vuls祭り#1に行ってきた。

    しゃべってきたくどうですVuls祭り#1に行ってきました。…

  5. AWS

    homebrew でクラウド各社のcliをインストールする方法

    MacbookをセットアップしているのでメモAzure CLI…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. その他

    ルワンダ旅行記 – ICT立国を目指す国で見てきたもの –…
  2. Azure

    Azure Application Gateway で Let’s Encryp…
  3. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azur…
  4. Linux

    Cactiでグラフに日本語が表示されないときの対処方法
  5. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
PAGE TOP