Azure

ルートテーブルもPowerShellではなくポータルで設定できます。

はじめに

くどうです。
本日2本目です。

以前はルートテーブルもPoweshellでのみ作成可能でした。
いつの頃か設定が行えるようになっていました。

作成してみる

ルートテーブルを開きます。
rt01

ルートテーブルの名前を付け作成します。
rt02

作成されたことを確認します。
rt03

作成した段階では、ルートや、適用されるサブネットは決められていません。
rt04

ルートの追加を行います。
ルート名とアドレスプレフィックス(そっちに送りたいIPアドレス範囲)を指定します。
何処に送りたいか、次ホップ(日本語変です)を選択します。
rt05

種類は5つあります。
rt06

仮想アプライアンスを選択してみると次ホップアドレスを入力できます。
rt07

ルートが追加されたことを確認します。
rt08

次にサブネットと関連付けます。
仮想ネットワークを選択します。
rt09

サブネットを選択します。
rt10

サブネットを追加されたことを確認します。
rt11

まとめ

最近は、細かな設定がポータルで設定できるようになってきています。
アップデートが激しくて気づかないことも・・・・

ではでは

Related post

  1. Azure

    Application Gateway web application firewall が公開され…

    はじめにくどうです。Igniteが盛り上がってますねh…

  2. Azure

    AzureでFreeBSD!Marketplaceから簡単に利用できるようになった。

    はじめにくどうですあなたはFreeBSDユーザーですか?…

  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かもよ。

    はじめにくどうです。前回の投稿では概要だけ説明しました。Azur…

  4. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。

    最近、Azureの進化が止まらないので自分でも整理するために出力してみ…

  5. Azure

    Azure Active Directoryを削除する。なんか消えないんすけど。

    はじめに今回はAzure Active Directory(以下A…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 未分類

    仮想化技術ってつかえるの?
  2. 未分類

    Microsoft Security Essentials を使ってみた
  3. Azure

    「バルス!」 Vuls祭り#1に行ってきた。
  4. Windows

    IIS8 vs IIS7.5(仮)
  5. Azure

    Azureポータルの地味なキーボードショートカット
PAGE TOP