Azure

クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します。クラシックではなくリソースマネージャです。

はじめに

くどうです。

Azureでユーザーイメージを展開する方法です。
クラシックではなく、リソースマネージャです。
やっていることは、AWSでは直接VMとして取り込むVMインポートと、イメージとして登録するAMIの中間ぐらいことです。
ここでいうユーザーイメージは、カスタマイズ設定したOSイメージのことです。

ユーザーイメージの展開の大まかな流れは以下です。
1、ユーザーイメージを作成
2、ユーザーイメージをAzureストレージへアップロード
3、アップロードしたイメージからの展開

その中でも今回は、3番からの方法を説明します。

展開方法

アップロードしたイメージから展開する方法はいくつかあります。
Azure CLIやAzure Powershell、templateを利用した方法です。

最も簡単なtemplateを利用した方法です。

ユーザーイメージをAzureストレージへのアップロードが完了したら、以下のサイトへ移動します。
https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/101-vm-from-user-image
[Deploy to Azure]を押下します。

もしくは下記を押下します。
Deploy to Azure

テンプレートの設定が表示されます。
azure-quickstart-templates01

テンプレートの編集を押下し、以下の項目を環境に合わせて変更します。
(publicIPAddressName、vmName、virtualNetworkName、nicName、addressPrefix、subnet1Name、subnet1Prefix、publicIPAddressType)

パラメーターの設定をします。
azure-quickstart-templates03

「USERIMAGESTORAGEACCOUNTNAME」にはストレージアカウント名を入力します。
「OSDISKVHDURI」にはユーザーイメージを保存したのURIを入力します。
「DNSLABELPREFIX」にはDNSラベルを入力します。
「ADMINUSERNAME」には管理者の名前を入力します。
「ADMINPASSWORD」には管理者のパスワードを入力します。
「OSTYPE」にはWindowsかLinuxを選択します。
「VMSIZE」には立ち上げるサイズを入力します。
サイズについては下記を参考。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-size-specs/

サブスクリプションの設定をします。
これは、ユーザーイメージの保存されているサブスクリプションです。

リソースグループを選択します。
これも同様に、ユーザーイメージを保存しているサブスクリプションです。

法律条項を読み「作成」を行います。
azure-quickstart-templates04

以上でユーザーイメージの展開は完了です。

まとめ

Azureではすでにユーザーイメージから仮想マシンを展開するテンプレートが用意され、GitHubにあります。
そこから、コマンドラインではなくポータルから簡単に展開することができます。
特に、カスタマイズしたイメージを利用し、単体で展開する場合など利用すると便利かと思います。
今回は、単体での展開でしたが複数台の仮想マシンを展開する場合など、別途他の方法が必要となります。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Microsoft MVP for Microsoft Azure を受賞しました。

    受賞くどうです。Microsoft MVP for Mic…

  2. Azure

    クラウド間のファイル共有はSMBで暗号化しよう。

    はじめにくどうです。最近は、クラウド間でファイル共有を行う…

  3. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

    はじめにくどうです。皆さんは、LinuxConをご存知でし…

  4. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  5. Azure

    Azureのサービスレベル契約の早見表。詳しくは調べてください。

    サービスレベル契約 早見表くどうです。早見表(2015/08/0…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かも…
  2. AWS

    VPC Peering、Direct Connectで同セグメントの通信を実現す…
  3. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法 追記
  4. Linux

    超メモ:一発rubyインストールなスクリプト
  5. 未分類

    シスタン きたみりゅうじ
PAGE TOP