Azure

リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

はじめに

くどうです。

例えば、Azureで仮想マシンを使ってサービスをリリースするぜ!ってとき、リソースはちゃんとLockしてますか?
AWSでは、Termination Protectionを当たり前のように使います。意図しない削除を防止するためです。さすがに、意図して削除するのは悪意を持っているので・・・
lo02
上記ではEnable、つまり有効になった状態です。ボタン一つで変更が行えます。

では、Azureではどうでしょう。
できます。PowerShellやREST APIを使って・・・めんどうですな。しかもARMだけ。
でも、Azureが良いところはほぼすべてのリソースにLockをかけれます。
実際に、仮想マシンにLockをかけていきたいと思います。

参考は下記。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/resource-group-lock-resources/

Lockだぜ

操作はPowershellから行います。
対象サブスクリプションにてログインしている状態です。

最初に対象のリソースを確認します。

次に、Lockを行います。
必要な情報は
ResourceName : ansible
ResourceType : Microsoft.Compute/virtualMachines
ResourceGroupName : devrg

現状対応しているのは「削除不可」CanNotDelete のみ

この状態で、実際に削除を行います(俺のAnsibleちゃんが消えませんように)。

lo01

ポータルから管理者権限もったユーザーで削除を行ったところ、消えませんでした。
サイズの変更も含め、その他の作業は行えます。

設定を削除する場合は Remove-AzureRmResourceLock を利用します。

その他に
・Set-AzureRmResourceLock
 New-AzureRmResourceLockと挙動は一緒です。

・Get-AzureRmResourceLock
 Lockされえている場合は値を返します。

AzureRmResourceLockに関するコマンドレッドは4つです。

おわりに

リリース時のLockは非常に重要です。むしろやってください。削除されて泣くのはあなたです。
現状、ポータルからの変更や確認ができません。早くできるようになってほしいですね。

ではでは

Related post

  1. Azure

    AKS ( Kubernetes ) のPod からログをFilebeat を使って収集してelas…

    はじめにくどうです。先日、fluentd によるKuber…

  2. Azure

    マルチテナントでWindows 10 を利用できるパートナー一覧

    くどうです。Client周りの規約が変わってAzureでも利用でき…

  3. Azure

    Azure Application Gateway にフロントポートを追加する。

    はじめにくどうです前回の記事では、httpsポートでAzu…

  4. Azure

    Microsoft MVP for Microsoft Azure を受賞しました。

    受賞くどうです。Microsoft MVP for Mic…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストして…
  2. Azure

    Azure Active Directory にユーザーを一括登録する。ただし、…
  3. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(2) マネージャ編
  4. Azure

    クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します…
  5. Linux

    超メモ:Zabbixの外部チェックでrubyスクリプトを動かす時のポイント
PAGE TOP