Azure

Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。

はじめに

くどうです。

Azure Functions が出ました。これで、AWS Lambdaと同等のサービスが出たような感じです。
さて、では早速立ち上げです。何ができるかは問題ではありませんw
そんなことは後で考えます。

Azure Functions 大地に立つ

最初に、Azure Functions はプレビュー機能です。通常はこのような画面から始まるはず。
適当に名前を入れて作成、スタートです。
af01

Portalから作成できる場合は、Function Appで検索すると出てきます。
af02

アプリ名など適当に入力します。
af03

プランの選択ではDynamicとClassicが存在します。
af04
詳しくはココでかいてるので・・・今回の目的は立ち上げるだけなのでw

場所については、現在はヨーロッパ西部、東南アジア、米国西部の3つです。
af05

メモリの割り当てですが128MB~1536MBまで可能64MB刻みですね。ここまで細かくする必要って何だったんだろう。
af06

デプロイはこんな感じ。
af07

QuickStartじゃない場合は、テンプレートが用意されています。
・BlobTrigger – Batch
・BlobTrigger – C#
・BlobTrigger – Node
・Empty – C#
・Empty – Node
・EventHubTrigger – C#
・EventHubTrigger – Node
・Generic WebHook – C#
・Generic WebHook – Node
・GitHub WebHook – Node
・HttpTrigger – Batch
・HttpTrigger – C#
・HttpTrigger – Node
・ManualTrigger – Node
・QueueTrigger – Bash
・QueueTrigger – Batch
・QueueTrigger – C#
・QueueTrigger – F#
・QueueTrigger – Node
・QueueTrigger – PHP
・QueueTrigger – PowerShell
・QueueTrigger – Python
・ServiceBusQueueTrigger – Node
・TimerTrigger – C#
・TimerTrigger – Node
af28

起動して最初の画面です。無難にTimerを選択しFunctionを作成。
af08

「ツアー」でてきます。タブDevelopの説明です。
af09

タブIntegrateの説明です。
af10

Function App Setttingの説明です。
af11

じゃはじめよう!的な。
af12

DevelopのタブではCode、Logs、Runで構成されています。
Runをクリックすると、Codeが実行されLogsに実行結果が表示されます。
af13

IntegrateのタブではTriger、Input、Outputの設定が行えます。
af14

Inputで選択できるリソースです。
・Azure Storage Blob
・Azure Storage Table
・Azure DocumentDB Document
・Azure Mobile Easy Table Record
が選択できます。
af26

Outputで選択できるリソースです。
・Azure Event Hub
・Azure Storage Queue
・Azure Storage Blob
・HTTP
・Azure Service Bus
・Azure Storage Table
・Azure DocumentDB Document
・Azure Mobile Easy Table Record
・Azure Notification Hub

af27

MoniterのタブではCOMING SOONになってました。
af15

設定の画面ではメモリサイズの変更と機能の設定が行えます。
af16

Configure Continuous Integrationをクリックすると、継続的なデプロイとして設定できます。
デプロイ元は下記
・Visual Studio Team Services
・OneDrive
・ローカルGitレポジトリ
・GitHub
・Bitbucket
・Dropbox
・が部のレポジトリ
などが選択できます。
af17

Performance Testとも連携できるようです。
af21

Configure Authenticationをクリックすると、App Service 認証が行えるようになります。
af22

Configure CORSの設定画面
af23

Configure API metadataの設定画面
af24

リソースグループで確認すると、このような構成した。
af25

まとめ

インフラ屋です。察してください。
画面を見ているだけでも非常に面白そうです。今後、MVPな人たちが頑張っていろいろ書いてくれるはず。
でもね、ここら辺は今後Azureでは必須の機能となってくるような気がします。まぁ頑張って勉強してみます。

ではでは

Related post

  1. AWS

    AzureとAWSを接続してみようと思うけどどうやるの?

    はじめにくどうです。2015年初投稿です。クラウド間で接続して…

  2. Azure

    Azure AppService (WebApps)で Sendmailを利用する方法。これでSen…

    はじめにくどうです。Linuxではsendmailが重宝さ…

  3. Azure

    de:code 2016に参加した!

    はじめにくどうです。de:code2016に参加してきまし…

  4. Azure

    Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも使えます。

    Azure PortalでCloud Shellが登場し、ブラウザのみ…

  5. Azure

    クラウド間のファイル共有はSMBで暗号化しよう。

    はじめにくどうです。最近は、クラウド間でファイル共有を行う…

  6. Azure

    Azure Container Instances でPrometheus の Docker Ima…

    はじめにくどうです。今回はAzure Container …

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 日記

    LOCAL DEVELOPER DAY ’13 / Infra & S…
  2. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(1)
  3. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる
  4. AWS

    CLR/H in TOKYO #7 ~カソウ化デイ~
  5. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定
PAGE TOP