AWS

Storage Gateway を Windows Server バックアップのバックアップ先に使ってみる。

はじめに

くどうです

たまにはAWSネタも・・・
さて、ファイルサーバーを運用しているとバックアップは必須だと思います。
AWSではStorage Gatewayを利用してファイルサーバーとしてマウントしたり、バックアップを取ったりします。
しかし、Storage Gatewayでのバックアップはスナップショットです。
ファイル単位での復元が行えません。

そこで、Windows Server バックアップと併用して使うことで解消できるかもしれません。
実際の実態のファイルはファイルサーバーに保存します。
Windows Server バックアップを使いStorage Gateway に保存することでバックアップ先とします。
gs00

Storage GateWay

今回はゲートウェイキャッシュ型ボリュームを利用しています。

ファイルサーバー

ディスク1にStorageGatewayをマウント
ディスク2にEBSをマウント。こっちにファイルを保存します。
gs01

Windows Server バックアップの設定をします。
gs02

ファイルサーバー(EBS側)にファイルを保存します。
gs03

バックアップを取得します。
gs04

ファイルを試しに消してみます。
gs05

Storage Gateway側に保存されたバックアップからファイルを戻してみます。
gs06

正常に戻りました。
gs07

まとめ

Storage Gatewayをバックアップ先とすることでストレージコストを抑えることができます。
ただし、容量などはしっかりと設定してください。あふれる可能性もあるので。
さらに、Storage Gatewayでスナップショットを取ることでバックアップのバックアップを取得することも可能です(いるのか?
まぁこんな使い方もありかな。

ではでは

Related post

  1. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  2. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか

    はじめにくどうです。以下は超メモです。AWSでSysprepは何…

  3. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる

    はじめにくどうですお気軽にSlackで死活監視。疎通確認が行え…

  4. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。

    はじめにくどうです。Azure Functions が出ま…

  5. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

  6. AWS

    Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい

    記事は古いですが、BizSparkのライセンスをAWSに持ち込むことが…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 未分類

    Linux Kernel 2.6.17 – 2.6.24.1 vms…
  2. Azure

    Deep Security User Night #3 に参加してきました。
  3. Azure

    Scale SetをAnsibleで構成管理してみる。でもHTTPで公開できない…
  4. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法 追記
  5. Windows

    PowerShellの実行ログを取得する方法について。最低限やっておいた方が良い…
PAGE TOP