AWS

Storage Gateway を Windows Server バックアップのバックアップ先に使ってみる。

はじめに

くどうです

たまにはAWSネタも・・・
さて、ファイルサーバーを運用しているとバックアップは必須だと思います。
AWSではStorage Gatewayを利用してファイルサーバーとしてマウントしたり、バックアップを取ったりします。
しかし、Storage Gatewayでのバックアップはスナップショットです。
ファイル単位での復元が行えません。

そこで、Windows Server バックアップと併用して使うことで解消できるかもしれません。
実際の実態のファイルはファイルサーバーに保存します。
Windows Server バックアップを使いStorage Gateway に保存することでバックアップ先とします。
gs00

Storage GateWay

今回はゲートウェイキャッシュ型ボリュームを利用しています。

ファイルサーバー

ディスク1にStorageGatewayをマウント
ディスク2にEBSをマウント。こっちにファイルを保存します。
gs01

Windows Server バックアップの設定をします。
gs02

ファイルサーバー(EBS側)にファイルを保存します。
gs03

バックアップを取得します。
gs04

ファイルを試しに消してみます。
gs05

Storage Gateway側に保存されたバックアップからファイルを戻してみます。
gs06

正常に戻りました。
gs07

まとめ

Storage Gatewayをバックアップ先とすることでストレージコストを抑えることができます。
ただし、容量などはしっかりと設定してください。あふれる可能性もあるので。
さらに、Storage Gatewayでスナップショットを取ることでバックアップのバックアップを取得することも可能です(いるのか?
まぁこんな使い方もありかな。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Azureのリソースをもっとライトに管理運用しよう。

    はじめに くどうです。 Azureを管理する方法として…

  2. AlibabaCloud

    Azure、AWS、GCP、Alibaba CloudのCPU脆弱性対応のまとめ

    くどうですCPUの脆弱性が公開されて各クラウドベンダーが対応し…

  3. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意…

    はじめにくどうです。DSaaSをProxyを使用する場合の…

  4. Azure

    SCOMで監視できるAzure(リソースマネージャ側)のサービス

    はじめにくどうです。SCOMで監視できるAzureのサービスSC…

  5. Azure

    Azure Application Gateway 上でLet’s Encryptの証明書ファイルを…

    はじめにくどうです。証明書の更新は簡単です。ついでにLet…

  6. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。

    はじめにくどうです管理運用面倒ですね・・・そこで、楽に…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 未分類

    Hotwired Japan → WIRED VISION
  2. 未分類

    ちょいデキ! 青野慶久
  3. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編
  4. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  5. Azure

    Azure RemoteAppを使ってみる。Officeが使えますよ!
PAGE TOP