Azure

Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。

はじめに

くどうです

Windowsの仮想マシンを作成する時に、拡張機能の追加が増えていたので紹介です。

拡張機能

Datadog Agent for Windows

APIキーを入力するだけのようです。
ex01

Deep Security Agent

マネージャーのアドレスなど入力し連携するようです。
デフォルトはDSaaSのアドレスになっています。
ex02

ESET File Security

ライセンスキーを入力するします。
ex03

PowerShell Desired State Configuretion

DSCです。
ファイルの読み込みができるので、柔軟にサーバーの設定が行えると思います。
ex04

まとめ

監視系が1つ、セキュリティ系が2つ、構成管理系が1つ。
スケールセットにも対応するのかな?
今後、拡張機能もいろいろ増えていくと思います。

ではでは

Related post

  1. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意…

    はじめにくどうです。DSaaSをProxyを使用する場合の…

  2. Azure

    Azure Active Directory の削除方法。それ、ServicePrincipalの問…

    はじめにくどうです。みなさんAzure Active Direct…

  3. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

    はじめにくどうです。皆さんは、LinuxConをご存知でし…

  4. Azure

    Azure Container Instances でPrometheus の Docker Ima…

    はじめにくどうです。今回はAzure Container …

  5. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベース移行を行ってみる…

    はじめにくどうです。今回のお題はデータベース移行についてです。 …

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    Azure Application Gateway 上でLet’s Encryp…
  2. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27…
  3. Azure

    マルチテナントでWindows 10 を利用できるパートナー一覧
  4. その他

    PowerMockupが便利でっせ。有料だけど。
  5. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール…
PAGE TOP