Azure

Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

はじめに

くどうです。

Diagnostics(診断)設定をする場合でストレージの指定について気になったこと。

ストレージの指定

新しくストレージアカウントを作成する場合、アカウントの種類を指定する必要があります。
・General purpose
・Blob storage
どちらかになります。
dst01

ここで、注意したいのはDiagnostics(診断)のストレージです。
Diagnostics(診断)ログはTable Storageを利用します。そのため、Blob Storageは利用できません。

ただし、仮想マシンを作成する場合、Diagnostics(診断)のStorageとして指定できるため気を付けましょう。
Deployしても途中で失敗します。NICなどのゴミが残ってしまうの自分で削除しましょう。

not Supportedって出てます。
dst02

まとめ

Azureポータル自体が機能に追いついていないケースもあるので気を付けましょう。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azure Resource…

    はじめにくどうです。最近、PCを入れ替えてAzure PowerS…

  2. Azure

    リソースのLockは大事です。ポータルからも設定できます。

    はじめにくどうです。以前、リソースのロックの話を書きました…

  3. Azure

    みんな大好き Kali Linux がAzure Marketplaceに追加されました。これで脆弱…

    はじめにくどうです。今回はちょっとセキュリティ方面の話です…

  4. AWS

    AzureとAWSを接続してみようと思うけどどうやるの?

    はじめにくどうです。2015年初投稿です。クラウド間で接続して…

  5. Azure

    同サブスクリプションでVNET間接続を行う。ポータルでも設定できます。

    はじめにくどうです。VNET間接続、ポータルでもちゃんと設…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。
  2. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編
  3. 未分類

    0X8024d007 Windows Updateができない
  4. Azure

    AzureのKali Linuxでapt-getを実行した時に Hash Sum…
  5. 未分類

    オープンソースカンファレンス2007 Hokkaido
PAGE TOP