Azure

Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

はじめに

くどうです。

Diagnostics(診断)設定をする場合でストレージの指定について気になったこと。

ストレージの指定

新しくストレージアカウントを作成する場合、アカウントの種類を指定する必要があります。
・General purpose
・Blob storage
どちらかになります。
dst01

ここで、注意したいのはDiagnostics(診断)のストレージです。
Diagnostics(診断)ログはTable Storageを利用します。そのため、Blob Storageは利用できません。

ただし、仮想マシンを作成する場合、Diagnostics(診断)のStorageとして指定できるため気を付けましょう。
Deployしても途中で失敗します。NICなどのゴミが残ってしまうの自分で削除しましょう。

not Supportedって出てます。
dst02

まとめ

Azureポータル自体が機能に追いついていないケースもあるので気を付けましょう。

ではでは

Related post

  1. Azure

    仮想マシンのコア数制限について。

    コア数の制限くどうです。ちょっとハマったのでメモ。…

  2. Azure

    specializedイメージをもとに仮想マシンを立ち上げるのに便利なテンプレート。

    はじめにくどうです。便利なテンプレートの紹介です。AR…

  3. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。

    はじめにくどうです。最近、よく聞かれることがあります。「A…

  4. Azure

    トレンドマイクロさんでLTしてきた。

    はじめにくどうです。9/11にトレンドマイクロさんで、LTしてきま…

  5. Azure

    Application Gateway web application firewall が公開され…

    はじめにくどうです。Igniteが盛り上がってますねh…

  6. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベース移行を行ってみる…

    はじめにくどうです。今回のお題はデータベース移行についてです。 …

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. AWS

    パソコン同士をVPNで接続する方法(お気に入りツールの紹介)
  2. Azure

    AzureのリソースマネージャーではNATは構成できません。てか、構成する必要が…
  3. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる
  4. Windows

    PowerShellの実行ログを取得する方法について。最低限やっておいた方が良い…
  5. 未分類

    本を読む -Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック-
PAGE TOP