Azure

Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

はじめに

くどうです。

Diagnostics(診断)設定をする場合でストレージの指定について気になったこと。

ストレージの指定

新しくストレージアカウントを作成する場合、アカウントの種類を指定する必要があります。
・General purpose
・Blob storage
どちらかになります。
dst01

ここで、注意したいのはDiagnostics(診断)のストレージです。
Diagnostics(診断)ログはTable Storageを利用します。そのため、Blob Storageは利用できません。

ただし、仮想マシンを作成する場合、Diagnostics(診断)のStorageとして指定できるため気を付けましょう。
Deployしても途中で失敗します。NICなどのゴミが残ってしまうの自分で削除しましょう。

not Supportedって出てます。
dst02

まとめ

Azureポータル自体が機能に追いついていないケースもあるので気を付けましょう。

ではでは

Related post

  1. Azure

    MCP70-532を受験してきた。

    はじめにくどうですAzureのMCP試験は3つあります。…

  2. Azure

    ACS Engineを利用してAzure上にkubernetesをdeploy!

    はじめにくどうです。今回はAzureでのACS Engin…

  3. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。

    はじめにくどうです。Azure Functions が出ま…

  4. Azure

    リソースのLockは大事です。ポータルからも設定できます。

    はじめにくどうです。以前、リソースのロックの話を書きました…

  5. Azure

    Microsoft MVP for Microsoft Azure を受賞しました。

    受賞くどうです。Microsoft MVP for Mic…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かも…
  2. その他

    Power BI でWeb公開できるようになったってよ!
  3. 未分類

    CD、FDがないノートパソコンにCentOS5を入れる方法
  4. Linux

    超メモ:一発rubyインストールなスクリプト
  5. 未分類

    超メモ:Windows 10 IoTで使えるコマンドレット
PAGE TOP