Azure

Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

はじめに

くどうです。

Diagnostics(診断)設定をする場合でストレージの指定について気になったこと。

ストレージの指定

新しくストレージアカウントを作成する場合、アカウントの種類を指定する必要があります。
・General purpose
・Blob storage
どちらかになります。
dst01

ここで、注意したいのはDiagnostics(診断)のストレージです。
Diagnostics(診断)ログはTable Storageを利用します。そのため、Blob Storageは利用できません。

ただし、仮想マシンを作成する場合、Diagnostics(診断)のStorageとして指定できるため気を付けましょう。
Deployしても途中で失敗します。NICなどのゴミが残ってしまうの自分で削除しましょう。

not Supportedって出てます。
dst02

まとめ

Azureポータル自体が機能に追いついていないケースもあるので気を付けましょう。

ではでは

Related post

  1. Azure

    みんな大好き Kali Linux がAzure Marketplaceに追加されました。これで脆弱…

    はじめにくどうです。今回はちょっとセキュリティ方面の話です…

  2. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

    はじめにくどうです。皆さんは、LinuxConをご存知でし…

  3. Azure

    Add-AzureAccountに失敗する時の対処方法は、Clear-AzureProfileを実行…

    はじめにくどうです。Remove-AzureAccountでアカウ…

  4. Azure

    Application Gateway web application firewall が公開され…

    はじめにくどうです。Igniteが盛り上がってますねh…

  5. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。

    はじめにくどうですWindowsの仮想マシンを作成する時に…

  6. Azure

    Azure Active Directory のBasic とかPremium とかのライセンスって…

    はじめにくどうです。Azure Active Direct…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 未分類

    ちょいデキ! 青野慶久
  2. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!…
  3. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール…
  4. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。
  5. 未分類

    National Information Security Center
PAGE TOP