Azure

de:code 2016に参加した!

はじめに

くどうです。

de:code2016に参加してきました!
3回目の参加になります。つまり最初から参加しているくどうですがここまで大きなイベントになるとは、、、

de:codeとは

de:codeとは以下コピペ
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2016/

de:code 2016 は、マイクロソフト テクノロジの方向性と最新情報はもとより、「クラウド」 「モバイル」を最大限に活かせるテクノロジをすべての IT エンジニアの皆様にご紹介する 2 日間のイベントです。3 月 30 日から 4 月 1 日の 3 日間、米国サンフランシスコで開催された Build 2016 の情報をはじめ、インフラ系/運用管理系を得意とするエンジニアの皆様にも役立つ情報をお届けします。クラウドとモバイルを活用することで広がるビジネスの可能性をお届けするキーノート、実践的なノウハウを盛り込んだブレイクアウト セッション、また、海外からのゲスト スピーカーやオープンソースのキー インフルエンサーを多数お迎えし、グローバル水準の最新情報をご提供します。他にも、マイクロソフトやパートナー企業の展示、パーティーなどのさまざまなプログラムを通じて、ビジネス ネットワーキングの場としてもご活用いただけます。

というように、今回はオープンソースがらみの人たちの参加が多かった気がします。。

キーノート

生サティア・ナデラでした!
初めて見ました。ちょっと興奮してましたw
DSC02059
トヨタのコネクテッドカーの話もしていました。
DSC02067

キーノートはビジネスのお話が多かったです。

コスプレ担当の井上さん
DSC02072

各セッション

今回は、OSS系のセッションに参加していました。
むしろ、Server系などのセッションには参加していませんでした。

まとめ

OSSのセッションが増えた!これはうれしいことです。ちょっと未来を感じます。
ただ、会場がごった返していたのが残念でした。

Related post

  1. Azure

    Azure AppService (WebApps)で Sendmailを利用する方法。これでSen…

    はじめにくどうです。Linuxではsendmailが重宝さ…

  2. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレーションを利用しSen…

    はじめにくどうです。今回取り上げるのは、Azure Fun…

  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。

    はじめにくどうです。東京であつくて溶けました。 最近では、AW…

  4. Azure

    Microsoft Azure でDockerはじめちゃいますか?

    じゅんくどうです。本投稿は「Azure Advent Calende…

  5. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。

    最近、Azureの進化が止まらないので自分でも整理するために出力してみ…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    System Center Management Pack for Micros…
  2. 未分類

    CentOS で VMware をインストール後vmware-config.pl…
  3. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  4. AWS

    EC2のリソースIDが長くなります。
  5. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
PAGE TOP