Azure

Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

はじめに

くどうです。

Cognitive Services はde:codeのKeynoteでも話題になっていました。
https://www.microsoft.com/cognitive-services
ドアを開けるデモなどやってました。

Cognitive Servicesでは言語、音声、視覚、知識の分野でAPIが提供されています。
その中でも、Face APIは写真で顔検知、分析、グループ化、タグ付けが行えるようになっています。
GoogleなどでもFace APIは提供されています。比較しやすためFace APIのサンプルアプリを試してみたいと思います。

Cognitive Services を準備する

Azureポータルから立ち上げます。
csapi00

今回は、Face APIを選択します。
csapi01

あとは作成します。
これで、Face APIの利用が可能になります。

サンプルアプリを試す

Face APIを利用する場合、サンプルのアプリケーションが下記に用意されています。

ProjectOxford-ClientSDK
https://github.com/Microsoft/ProjectOxford-ClientSDK/tree/master/Face/

今回はWindows、開発環境はVS2015で作成していきます。
https://github.com/Microsoft/ProjectOxford-ClientSDK/tree/master/Face/Windows

最初に、レポジトリをダウンロードします。
ProjectOxford-ClientSDK-master\Face\Windows\Sample-WPF\FaceAPI-WPF-Samples.slnのソリューションを開きます。
開いたら、ビルドします。
以上で完了です。

実際にサンプルを動かしてみます。
実行するかF5で起動します。

起動するとSubscription Keyの入力を求められます。
csapi03

Keyはポータルから確認できます。
SettingからKeysを開きます。
csapi04

Keyをコピーして貼り付けます。
張り付けたらSaveします。
csapi05

csapi06

では試しに、Face Detectionを利用してみます。顔認識です。
自分の写真を選択して確認してみました。

おっと、女性として認識されています。あとこれ撮った時はガチスマイルだったんだけど(w
年齢は・・・
csapi07

サルでも結構認識されるもんだ。

複数人でも認識されます。
csapi08

番外編
csapi10
さすがに無理でした(w

次に、複数枚の候補(自分の写真)を分析さ、対象の写真から見つけ出すデモです。
csapi11

ちゃんと認識しています。生き別れた親父といわれた居酒屋の店長との写真ですが、どっちが対象かが認識しています。

次にグルーピングです。
csapi12
複数枚の写真からグルーピングができています。

次は認識です。
csapi13
対象を認識し、タグ付けしています。

最後に2枚の写真の対象が同じ顔なのか確認してくれます。
csapi14

Equals(0.5)なので50%50%という認識です。ではもう一枚。

csapi15

もうちょっと上がって0.7にまぁ、同じ顔でしょうと(w

サンプルアプリでは以上の機能が試せ、面白かったです。

まとめ

今回は、Cognitive ServicesのFace APIを利用したアプリを試しました。
サンプルなのでそれぞれの機能(顔検知、分析、グループ化、タグ付け)を試しました。面白いですね。
Cognitive Servicesは22のAPIが用意されており、様々な活用方法、ビジネスへの応用が期待されます。

それにしても、自分の写真ばかりでキモイ感じですね(w

ではでは、

Related post

  1. Azure

    Azure Database for MySQL PreviewのServer parameters…

    Azure Database for MySQLのServer par…

  2. Azure

    System Center Management Pack for Microsoft Azure …

    はじめにくどうです最新SCOMと戯れることが多くなったので…

  3. Azure

    Azure Active Directoryを削除する。なんか消えないんすけど。

    はじめに今回はAzure Active Directory(以下A…

  4. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。

    はじめにくどうですWindowsの仮想マシンを作成する時に…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Windows

    ハードディスクの書き込みキャッシュを起動時にONにする
  2. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxy…
  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。
  4. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストして…
  5. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定
PAGE TOP