Azure

クラウド間のファイル共有はSMBで暗号化しよう。

はじめに

くどうです。

最近は、クラウド間でファイル共有を行う場合が増えています。
当然気になるのは、経路の暗号化です。
わざわざVPNを張りますか?そんなの面倒ですよね。

Windows Server 2012/Windows 8 以降ではSMB3.0に対応しており、暗号化に対応しています。
詳しくはココ
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn551363(v=ws.11).aspx

気になってくるのは暗号化によるパフォーマンス低下です。
そこで、ベンチマークツールを使い計測してみました。

Windows Server 2012 R2での計測になります。
暗号化は「データアクセスの暗号化」にチェックを入れるだけです。
smb00

また、実際に暗号化が有効になっているか確認するにはWin7sp1(SMB2)でアクセスすると拒否されます。
smb01

ベンチマーク

結論としては大差はない。
今回の検証環境はAzureで行っています。
Windows Server 2012R2
Standard DS1 (1 コア、3.5 GB メモリ)

最初に1GBのファイルの転送を行います。ここでは処理時間と転送速度を計測しています。
ツールには「転送速度計測」を利用しています。
smb05

5回試した結果です。
smb06
大差はないです。
むしろ早い?(w

次に「CrystalDiskMark」を利用してベンチマークを行います。

暗号化なし
smb03

暗号化あり
smb02

比較しても大差はないかと思います。
最初はパフォーマンス落ちると思っていいましたがそうでもなかった。

追試
AWSとAzure間でもテストを行いました。
回線がボトルネックにならないようc4.xlargeで行っています。

smb07
結果、処理時間に大きな変化がなく、暗号化によるボトルネックは見受けられませんでした。

まとめ

実測でもパフォーマンスが極端に落ちることもないのでSMB暗号化がボトルネックにはならないと思います。
クラウド間でsftpやscpなと暗号化を検討するぐらいなら、SMB3.0の暗号化を利用したほうが設定、運用も楽かと思います。

ではでは

Related post

  1. AWS

    Azure仮想マシンがやってるポートフォワーディングをAWSのELBでやってみる。

    くどうです。小ネタです。Azureでは便利なことに仮想マシンを新…

  2. セキュリティ

    おれ、CySecの講座受講するってよ。

    はじめにくどうです。CySecという「高度人材養成のための…

  3. AWS

    homebrew でクラウド各社のcliをインストールする方法

    MacbookをセットアップしているのでメモAzure CLI…

  4. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる

    はじめにくどうですお気軽にSlackで死活監視。疎通確認が行え…

  5. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。

    はじめにくどうですWindowsの仮想マシンを作成する時に…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Windows

    WindowsでPowershellだけでSyslogを受信してみる。
  2. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストして…
  3. Azure

    Windows Server で Windows コンテナが動くんです!ちょっと…
  4. AWS

    Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい
  5. Azure

    AzureのリソースマネージャーではNATは構成できません。てか、構成する必要が…
PAGE TOP