Azure

Azure Load Balancerと Azure Application Gateway のアクセスログを比較してみる

はじめに

くどうです。

Azureにはアクセスを負荷分散する方法として、Load BalancerとApplication Gatewayが用意されています。
しかし、それぞれレイヤー4とレイヤー7で挙動が異なりHTTPdへのアクセスログが異なります。
そこで、今回はアクセスログについて比較していきたいと思います。

用意した環境はCentOS上にApacheをデフォルトの状態(yum install httpd)したものです。

Load Balancer

実際にログを確認してみます。

Load Balancerからの死活監視(プローブ)は「Load Balancer Agent」と表示されます。
通常の外部からのアクセスもIPアドレスなども問題なく表示されています。

ただし、Load Balancerからの死活監視のログが邪魔ですね。
/etc/httpd/conf/httpd.conf を以下のように設定し排除します。

これで出力されなくなります。

Application Gateway

実際にログを確認してみます。

アクセス元は、すべてApplication Gatewayの内部アドレスになっていることが分かります。
これでは、アクセスログの解析には役立ちません。

これを解決する方法として、X-Forwarded-ForとX-Forwarded-Protoをログに残します。
これはAWS ELBとも同じです。

/etc/httpd/conf/httpd.conf を編集しています。

実際にログを確認してみます。

末尾の方でX-Forwarded-ForとX-Forwarded-Protoが取得できていることが確認できます。
これで問題なく解析が行えるかと思います。

まとめ

アクセスを負荷分散するLoad BalancerとApplication Gatewayですが、それぞれ出力されるアクセスログも異なるため気を付けましょう。
また、対処する方法も異なるので気を付けましょう。これらはAzureに限ったことではありません。
X-Forwarded-ForとX-Forwarded-Protoが利用されるケースが多いので覚えておくとよいと思います。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Azure Application Gateway で Let’s Encrypt も使えます。Le…

    はじめにくどうです4/12にLet’s EncryptがG…

  2. Azure

    Azureのアラートって簡単にPagerDutyと連携できるんです。そっからSlackとも連携できる…

    はじめにくどうです。Azureではアラートの設定がポータルから…

  3. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!

    はじめにくどうです。Google Stackdriver …

  4. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

    はじめにくどうです。Diagnostics(診断)設定をす…

  5. Azure

    マルチテナントでWindows 10 を利用できるパートナー一覧

    くどうです。Client周りの規約が変わってAzureでも利用でき…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 未分類

    アップグレードしました。
  2. 未分類

    LPIC Level3を受験しよう
  3. Azure

    Azureのアラートって簡単にPagerDutyと連携できるんです。そっからSl…
  4. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27…
  5. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる…
PAGE TOP