Azure

Azure Load Balancerと Azure Application Gateway のアクセスログを比較してみる

はじめに

くどうです。

Azureにはアクセスを負荷分散する方法として、Load BalancerとApplication Gatewayが用意されています。
しかし、それぞれレイヤー4とレイヤー7で挙動が異なりHTTPdへのアクセスログが異なります。
そこで、今回はアクセスログについて比較していきたいと思います。

用意した環境はCentOS上にApacheをデフォルトの状態(yum install httpd)したものです。

Load Balancer

実際にログを確認してみます。

Load Balancerからの死活監視(プローブ)は「Load Balancer Agent」と表示されます。
通常の外部からのアクセスもIPアドレスなども問題なく表示されています。

ただし、Load Balancerからの死活監視のログが邪魔ですね。
/etc/httpd/conf/httpd.conf を以下のように設定し排除します。

これで出力されなくなります。

Application Gateway

実際にログを確認してみます。

アクセス元は、すべてApplication Gatewayの内部アドレスになっていることが分かります。
これでは、アクセスログの解析には役立ちません。

これを解決する方法として、X-Forwarded-ForとX-Forwarded-Protoをログに残します。
これはAWS ELBとも同じです。

/etc/httpd/conf/httpd.conf を編集しています。

実際にログを確認してみます。

末尾の方でX-Forwarded-ForとX-Forwarded-Protoが取得できていることが確認できます。
これで問題なく解析が行えるかと思います。

まとめ

アクセスを負荷分散するLoad BalancerとApplication Gatewayですが、それぞれ出力されるアクセスログも異なるため気を付けましょう。
また、対処する方法も異なるので気を付けましょう。これらはAzureに限ったことではありません。
X-Forwarded-ForとX-Forwarded-Protoが利用されるケースが多いので覚えておくとよいと思います。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Azure Monitor とBacklogを連携してアラートを課題登録する。

    はじめにBacklogでアラートを管理している場合に有効な方法です…

  2. Azure

    仮想マシンの構成がダイアグラムで確認できます。

    ダイアグラムで表示くどうです。いつの間にか、仮想マシンがダ…

  3. Azure

    MCP 70-534 Architecting Microsoft Azure Solutions …

    受験の感想くどうです。MCP 70-534 Archite…

  4. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

    はじめにくどうです。皆さんは、LinuxConをご存知でし…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。
  2. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。
  3. Azure

    クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します…
  4. Azure

    Azure RemoteAppを使ってみる。Officeが使えますよ!
  5. Azure

    VNET間接続でもデイジーチェーン(数珠つなぎ)で通信できます。そうサイト対サイ…
PAGE TOP