Azure

MCP70-532を受験してきた。

はじめに

くどうです

AzureのMCP試験は3つあります。

  • MCP70-532 Microsoft Azure ソリューションの開発
  • MCP70-533 Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutions
  • MCP70-534 Architecting Microsoft Azure Solutions

MCP70-733はすでに合格しているので、今回70-532を受験しました。
結果、合格しました(ぎりぎり

MCP70-532

「MCP70-532 Microsoft Azure ソリューションの開発」の内容は大きく以下の項目に分かれています。

  • Web アプリの設計と実装 (15-20%)
  • 仮想マシンの作成と管理 (20-25%)
  • クラウド サービスの設計と実装 (20-25%)
  • ストレージ戦略の設計と実装 (20-25%)
  • アプリケーションとネットワーク サービスの管理 (15-20%)
  • アプリケーションとネットワーク サービスの管理 (15-20%)

主に開発者向けの内容になっています。
特に、コードを問う問題が多いです。
あと、穴埋め問題も多かったです。

この試験には教材は特にありませんでした。
そこで今回は、MCP ブースターパックという最大5回受験できるバウチャーを最大限に利用します。
最初、問題の傾向をつかむためだけに受験しました。
そこである程度の傾向をつかんだら、あとは重点的にAzureを触ってみたり、ドキュメント読んだりします。
受かるまでの繰り返しかなぁ(試験対策として

もともと、インフラやなので開発を行いません。コードを書きません。
そのため、わからない場合は消去法で回答するなど工夫するとよいと思います。

そんな感じで合格しました。

まとめ

次回は、70-534の合格を目指すわけですが一度受けています。不合格。
全編英語です・・・すべての時間を使っても点数が取れない。英語を訳す方に時間を取られすぎてつらい。
まず、英語を勉強しないとねw

ではでは

Related post

  1. Azure

    Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。

    はじめにくどうです。RemoteAppでもローカル(クライアント)…

  2. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

  3. Azure

    Power BIはモテると誰かがいっていたのでOMSのデータを表示させてみる。

    はじめにくどうです。Power BIはモテると誰かが言って…

  4. Azure

    「バルス!」 Vuls祭り#1に行ってきた。

    しゃべってきたくどうですVuls祭り#1に行ってきました。…

  5. Azure

    Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも使えます。

    Azure PortalでCloud Shellが登場し、ブラウザのみ…

  6. Azure

    Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。

    はじめにくどうです。何かと仮想マシンでActive Dir…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azur…
  2. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!…
  3. Linux

    Ubuntu 18.04 on windows subsystemが消せない。
  4. セキュリティ

    \( ´・ω・)/°\(・ω・`)/バルス!!!
  5. Azure

    AzureにKubernetesを展開する5つの方法
PAGE TOP