Azure

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。

はじめに

くどうです。

Vulsです。いろいろ省きます。
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。
Vuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。
ユーザー名はvulsuserです。

Configではlocalhost(自分自身)をスキャンします。

コピペ

以下をコピペでインストールします。

再起動後、下記にアクセスすることでVulsRepoを確認できます。
http://[IPアドレス]/vulsrepo/

[メモ]
ln -s /var/www/html/vulsrepo/results /home/vulsuser/
こいつには悩んだ。
ln -s /home/vulsuser/results /var/www/html/vulsrepo/results
これでは何故かうまく動作しなかった。

まとめ

何回も検証のためインストール繰り返したので簡単にインストールできるようメモです。

ではでは

Related post

  1. Azure

    他社さんの、社内勉強会に行ってきた。

    はじめにくどうです。9/8にNTTPCコミュニケーションズさんの…

  2. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。

    はじめにくどうですWindowsの仮想マシンを作成する時に…

  3. Azure

    Azure Cloud Shell のユーザーを確認してみる。それでもrootが欲しい。

    rootにはなれません。アカウントのパスワードを入力しても無駄でし…

  4. Azure

    Azureのサービスレベル契約の早見表。詳しくは調べてください。

    サービスレベル契約 早見表くどうです。早見表(2015/08/0…

  5. Azure

    WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!

    はじめにくどうです。前回のコンテナの基本的な扱いの続きです。今回は…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    リソースのLockは大事です。ポータルからも設定できます。
  2. Azure

    Deep Security User Night #3 に参加してきました。
  3. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  4. Azure

    「バルス!」 Vuls祭り#1に行ってきた。
  5. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。
PAGE TOP