Azure

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。

はじめに

くどうです。

Vulsです。いろいろ省きます。
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。
Vuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。
ユーザー名はvulsuserです。

Configではlocalhost(自分自身)をスキャンします。

コピペ

以下をコピペでインストールします。

再起動後、下記にアクセスすることでVulsRepoを確認できます。
http://[IPアドレス]/vulsrepo/

[メモ]
ln -s /var/www/html/vulsrepo/results /home/vulsuser/
こいつには悩んだ。
ln -s /home/vulsuser/results /var/www/html/vulsrepo/results
これでは何故かうまく動作しなかった。

まとめ

何回も検証のためインストール繰り返したので簡単にインストールできるようメモです。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  2. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。

    はじめにくどうですWindowsの仮想マシンを作成する時に…

  3. Azure

    Azureのシンボルをpngに変換してみた。I converted the symbol of Az…

    どうも、くどうです。Azureのシンボルは提供されています。しかし…

  4. Azure

    Scale SetをAnsibleで構成管理してみる。でもHTTPで公開できない?

    はじめにくどうです。Scale Setはこれまでの、ロード…

  5. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

    はじめにくどうです。例えば、Azureで仮想マシンを使って…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。
  2. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  3. Azure

    Cognitive ServicesでVideo APIを使ってみる。APIひと…
  4. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。
  5. AWS

    AzureとAWSを接続してみようと思うけどどうやるの?
PAGE TOP