Azure

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。

はじめに

くどうです。

Vulsです。いろいろ省きます。
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。
Vuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。
ユーザー名はvulsuserです。

Configではlocalhost(自分自身)をスキャンします。

コピペ

以下をコピペでインストールします。

再起動後、下記にアクセスすることでVulsRepoを確認できます。
http://[IPアドレス]/vulsrepo/

[メモ]
ln -s /var/www/html/vulsrepo/results /home/vulsuser/
こいつには悩んだ。
ln -s /home/vulsuser/results /var/www/html/vulsrepo/results
これでは何故かうまく動作しなかった。

まとめ

何回も検証のためインストール繰り返したので簡単にインストールできるようメモです。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。

    はじめにくどうですWindowsの仮想マシンを作成する時に…

  2. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  3. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。

    はじめにくどうです。Azure Functions が出ま…

  4. Azure

    specializedイメージをもとに仮想マシンを立ち上げるのに便利なテンプレート。

    はじめにくどうです。便利なテンプレートの紹介です。AR…

  5. Azure

    Azure Cloud Shell のユーザーを確認してみる。それでもrootが欲しい。

    rootにはなれません。アカウントのパスワードを入力しても無駄でし…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    Channel9で公開されてた。第1回 Tokyo Jazug Night!
  2. 未分類

    P2Vした仮想マシンをHyper-v上でベンチマークテストしてみました
  3. Linux

    Cactiでグラフに日本語が表示されないときの対処方法
  4. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストして…
  5. AWS

    mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。
PAGE TOP