Azure

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。Docker編

はじめに

くどうです。

Vulsです。前回と一緒。
いろいろ省きます。ただし今回はDockerで動作します。
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

https://github.com/future-architect/vuls/tree/master/setup/docker

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。
DockerにVuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。
ユーザー名はvulsuserです。

コピペ

Dcokerにインストール

http://[vulsserver]/vulsrepo/
にアクセスするとVulsRepoがみれます。

まとめ

今回はDockerでどーん。
ではでは

Related post

  1. Azure

    CacooでAzureのステンシル、テンプレートが使えるようになった。

    はじめにヌーラボさんのCacooですがAzureのステンシル、テン…

  2. Azure

    Application Gateway web application firewall が公開され…

    はじめにくどうです。Igniteが盛り上がってますねh…

  3. AWS

    CLR/H in TOKYO #7 ~カソウ化デイ~

    12/20に開催されたCLR/H in TOKYO #7 ~カソウ化デ…

  4. Azure

    AzureにKubernetesを展開する5つの方法

    はじめにくどうです。今回は、AzureにKubernete…

  5. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。

    はじめにくどうです。最近、よく聞かれることがあります。「A…

  6. Azure

    de:code 2016に参加した!

    はじめにくどうです。de:code2016に参加してきまし…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Windows

    Windows Server 2012のパスワードを初期化しよう。
  2. その他

    デブナイト vol1 に行ってきた。 タニタ食堂のご飯って美味しいです!
  3. AWS

    mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。
  4. Linux

    PowerShell on Bash on Ubuntu on Windows …
  5. 日記

    LOCAL DEVELOPER DAY ’13 / Infra & S…
PAGE TOP