Azure

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。Docker編

はじめに

くどうです。

Vulsです。前回と一緒。
いろいろ省きます。ただし今回はDockerで動作します。
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

https://github.com/future-architect/vuls/tree/master/setup/docker

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。
DockerにVuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。
ユーザー名はvulsuserです。

コピペ

Dcokerにインストール

http://[vulsserver]/vulsrepo/
にアクセスするとVulsRepoがみれます。

まとめ

今回はDockerでどーん。
ではでは

Related post

  1. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  2. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレーションを利用しSen…

    はじめにくどうです。今回取り上げるのは、Azure Fun…

  3. Azure

    仮想マシンのコア数制限について。

    コア数の制限くどうです。ちょっとハマったのでメモ。…

  4. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azure Resource…

    はじめにくどうです。最近、PCを入れ替えてAzure PowerS…

  5. Azure

    System Center Management Pack for Microsoft Azure …

    はじめにくどうです最新SCOMと戯れることが多くなったので…

  6. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。

    はじめにくどうです。ちょっと、Azureで仮想マシンのDi…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  2. Azure

    マルチテナントでWindows 10 を利用できるパートナー一覧
  3. 未分類

    LPIC level3 受けませんか?
  4. セキュリティ

    Chrome Remote Desktopはポートを開ける必要が無い、コピペも出…
  5. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かも…
PAGE TOP