Azure

MCP 70-534 Architecting Microsoft Azure Solutions に合格してみた。

受験の感想

くどうです。

MCP 70-534 Architecting Microsoft Azure Solutionsに合格しました。

さて今回は、MVPの特典として半額で受験できました。
木曜日に思い立って、日曜日に受験してみました。その為、受験のために勉強したとかはないです。
受験自体は、3回の受験です。
2年前に一回、クラシックポータルの時です。
そして、去年。
出題された問題は、アップデートしているせいか3回とも違いました。

今回は、落ちることを前提に受けたのでまさか受かると思いませんでした。

合格
700/700

ピッタリ。

落ちること前提に受験していたため、表示された瞬間「ビクッ」っとしました。
まさか受かるとはね。

合格した一番の要因は、ズバリ「日本語」の登場です。
これまでの試験では英語で受験していましたが、ローカライズされ日本語での受験が可能になりました。
翻訳しつつ答える、結構つらいです。
英語ができる方ではないので、さらに時間もかかるため時間が足りなかったぐらいです。

今回、日本語で受験の感想としては、Azure全般の設計、開発、運用といった分野からまんべんなく出題さ、結構難しいと感じました。
その為、ふわっとした感じでしか答えられませんでした。ある程度Cloud っぽい知識も問われます。

シナリオ問題が3つと、一問一答の問題です。
主に選択問題でドラッグ&ドロップする問題も数問ありました。
シナリオ問題は、前提条件をしっかり読むと答えは導き出せる部分もあります。
一問一答問題は普段からAzureを利用している人なら大丈夫かなと思います。

座学で勉強したい人はCloud Academyを利用するのも良いかと思います。
Microsoft Azure
https://cloudacademy.com/learning-paths/platforms/azure/

合格し以下の認定資格として取得できました。
Microsoft Specialist: Architecting Microsoft Azure Solutions

実は70-533、70-532も合格しているので以下にも認定されています。
Microsoft Certified Solutions Expert: Cloud Platform and Infrastructure 2017
Microsoft Certified Solutions Developer: Azure Solutions Architect*

*に関しては2017年3月31日で終了するようです。欲しい人は終了までに取得が必要のようです。ステータスはずっとアクティブで保持されるようです。

皆さんも実力を確認するの方法としてMCPを受験してみてはいかがでしょうか。
ではでは。

Related post

  1. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。

    はじめにくどうです。Azure Functions が出ま…

  2. Azure

    Application Gateway web application firewall が公開され…

    はじめにくどうです。Igniteが盛り上がってますねh…

  3. Azure

    Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。

    はじめにくどうです。何かと仮想マシンでActive Dir…

  4. Azure

    AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。Docker編

    はじめにくどうです。Vulsです。前回と一緒。いろ…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。
  2. Azure

    みんな大好き Kali Linux がAzure Marketplaceに追加さ…
  3. Azure

    VNET間接続でもデイジーチェーン(数珠つなぎ)で通信できます。そうサイト対サイ…
  4. 未分類

    超メモ:Windows 10 IoTで使えるコマンドレット
  5. 未分類

    XREAにEC-CUBEを入れる方法
PAGE TOP