AWS

とりあえず構築!Ansible Tower !何をするかは構築した後に考える。

はじめに

くどうです。

みんな大好き(かもしれない)Ansible TowerをAWSで構築してみましょう。 特に理由はないです。
https://www.ansible.com/tower

アカウントを持っていると10分で終わるかもしれません。

AWSにインスタンスを立てる

AWSにはAMIが用意されています
https://www.ansible.com/tower-trial
「LAUNCH TOWER IN AMAZON EC2」を開きます。

Tokyoリージョンだと2つ用意されています。
ap-northeast-1 Tokyo PV ami-a0cd9cc7
ap-northeast-2 Tokyo PV ami-349f4c5a

どちらか気分でポチっとしましょう。
その後、EC2のインスタンス起動のウィザードが開きます。
環境に合わせて展開します。

起動後、SGにhttpsでポートを開きます。
ブラウザでhttps://{EIP}/ でログインします。

パスワードが分かりませんね。
直接ログインすると確認できます。
Passwordに記載されているものです。

ライセンス

初回ログインにはライセンスが要求されます。

クリックすると2つ選択できます。
・FREE TOWER TRIAL – ENTERPRISE FEATURES
・FREE TOWER TRIAL – LMITED FEATURES UP TP 10 NODES
お好きな方を。今回は起動確認のみなので後者を選択しています。

入力します。

完了確認画面がでます。
どういたしましてって感じです。

メールにてJson形式のライセンスファイルが送られて着ます。

保存したライセンスファイルを読み込みます。

読み込みが完了すると、さっそく管理画面が開きます。

あとは自由に遊びましょう。

まとめ

簡単です。
本当にAMIから起動してパスワードを確認して、ライセンス要求して読み込んで完了です。
社内のAnsible コードがあまり流用されていない場合使ってみる有用かと。

ではでは

Related post

  1. AWS

    Azure仮想マシンがやってるポートフォワーディングをAWSのELBでやってみる。

    くどうです。小ネタです。Azureでは便利なことに仮想マシンを新…

  2. AlibabaCloud

    Azure、AWS、GCP、Alibaba CloudのCPU脆弱性対応のまとめ

    くどうですCPUの脆弱性が公開されて各クラウドベンダーが対応し…

  3. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!

    はじめにくどうです。Google Stackdriver …

  4. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27)

    はじめにくどうです。AWS/Azure/GCP クラウド各…

  5. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  6. AWS

    ひとつのEBSを分割してみますよ

    はじめにくどうです。今回は、EBSのパーティション小手先技です。…

  1. Azure

    クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します…
  2. Azure

    Azure のiPhoneアプリがリリースされた。
  3. 未分類

    テーマを変更
  4. Azure

    AKS ( Kubernetes ) のPod からログをfluentd を使っ…
  5. Azure

    Azure で Kubernetes を 複数の可用性セットとLoad Bala…
PAGE TOP