AWS

とりあえず構築!Ansible Tower !何をするかは構築した後に考える。

はじめに

くどうです。

みんな大好き(かもしれない)Ansible TowerをAWSで構築してみましょう。 特に理由はないです。
https://www.ansible.com/tower

アカウントを持っていると10分で終わるかもしれません。

AWSにインスタンスを立てる

AWSにはAMIが用意されています
https://www.ansible.com/tower-trial
「LAUNCH TOWER IN AMAZON EC2」を開きます。

Tokyoリージョンだと2つ用意されています。
ap-northeast-1 Tokyo PV ami-a0cd9cc7
ap-northeast-2 Tokyo PV ami-349f4c5a

どちらか気分でポチっとしましょう。
その後、EC2のインスタンス起動のウィザードが開きます。
環境に合わせて展開します。

起動後、SGにhttpsでポートを開きます。
ブラウザでhttps://{EIP}/ でログインします。

パスワードが分かりませんね。
直接ログインすると確認できます。
Passwordに記載されているものです。

ライセンス

初回ログインにはライセンスが要求されます。

クリックすると2つ選択できます。
・FREE TOWER TRIAL – ENTERPRISE FEATURES
・FREE TOWER TRIAL – LMITED FEATURES UP TP 10 NODES
お好きな方を。今回は起動確認のみなので後者を選択しています。

入力します。

完了確認画面がでます。
どういたしましてって感じです。

メールにてJson形式のライセンスファイルが送られて着ます。

保存したライセンスファイルを読み込みます。

読み込みが完了すると、さっそく管理画面が開きます。

あとは自由に遊びましょう。

まとめ

簡単です。
本当にAMIから起動してパスワードを確認して、ライセンス要求して読み込んで完了です。
社内のAnsible コードがあまり流用されていない場合使ってみる有用かと。

ではでは

Related post

  1. AWS

    homebrew でクラウド各社のcliをインストールする方法

    MacbookをセットアップしているのでメモAzure CLI…

  2. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定

    くどうですメモですAWSでインスタンスを立てたとき、yum…

  3. AWS

    CLR/H in TOKYO #7 ~カソウ化デイ~

    12/20に開催されたCLR/H in TOKYO #7 ~カソウ化デ…

  4. AWS

    超メモ:cloud-initでgrowpartを利用する場合の注意

    はじめにくどうです。超メモです。これは、ハマリました。だってc…

  5. AWS

    Storage Gateway を Windows Server バックアップのバックアップ先に使っ…

    はじめにくどうですたまにはAWSネタも・・・さて、ファ…

  6. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる

    はじめにくどうですお気軽にSlackで死活監視。疎通確認が行え…

  1. Azure

    ACS Engineを利用してAzure上にkubernetesをdeploy!…
  2. Azure

    Azure上のActive Directoryをディレクトリサービス復元モード(…
  3. 未分類

    National Information Security Center
  4. Linux

    一定回数のログイン失敗でロックしちゃうぜ!
  5. Azure

    ユーザーにパスワードリセットさせたいときはAzure Active Direct…
PAGE TOP