Azure

Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも使えます。

Azure PortalでCloud Shellが登場し、ブラウザのみで作業か可能になります。
ちょっとだけ中身を確認。

確認するとubuntuベースなのが分かります。

unameを確認

インストールされているものが気になります。
出力してみました。

これぐらいは標準装備
azureなのでcliは入ってます。

全出力すると

ちなみに10分放置すると切断されるようです。

Related post

  1. Azure

    SCOMで監視できるAzure(リソースマネージャ側)のサービス

    はじめにくどうです。SCOMで監視できるAzureのサービスSC…

  2. Azure

    Azure Application Gateway 上でLet’s Encryptの証明書ファイルを…

    はじめにくどうです。証明書の更新は簡単です。ついでにLet…

  3. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)

    更新アップデートしてたのでPowerMockupのシェイプも更新…

  4. Azure

    Application Gateway web application firewall が公開され…

    はじめにくどうです。Igniteが盛り上がってますねh…

  5. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

  6. Azure

    System Center Management Pack for Microsoft Azure …

    はじめにくどうです最新SCOMと戯れることが多くなったので…

  1. その他

    さっぽろ雪まつりで行っている実証実験のまとめ!
  2. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール…
  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かも…
  4. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。
  5. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベ…
PAGE TOP