Azure

AKS ( Kubernetes ) のPod からログをFilebeat を使って収集してelasticsearch + kibanaで解析する方法

はじめに

くどうです。

先日、fluentd によるKubernetesでのlogを取得する方法を紹介しました。
AKS ( Kubernetes ) のPod からログをfluentd を使って収集してelasticsearch + kibanaで解析する方法

Tweetしたところ @johtani さんからFilebeatを利用した方法を教えて頂いたので紹介します、
Shipping Kubernetes Logs to Elasticsearch with Filebeat
https://www.elastic.co/blog/shipping-kubernetes-logs-to-elasticsearch-with-filebeat

fluentdの代わりにFilebeatは入るイメージです。

準備と展開

elasticsearch + kibana 環境の構築は下記に記載しています。
http://level69.net/archives/25379

filebeatの展開はfluentdと同様、マニフェストを利用してDaemonSetを展開します。

環境変数を修正します。
主に ELASTICSEARCH_HOST をelasticsearchのホスト名もしくはIPアドレスを指定します。

展開します。

kubectlにて正しく展開されているのが確認できます。

以上で完了です。
簡単ですね。

確認

kibanaの利用方法は割愛します。

負荷テストを行ってみると以下の様にログが送られていることが分かります。

以上で設定自体は完了です。

削除

DaeamonSetの削除

まとめ

Filebeatもfluentdと同様、ログを取得できます。詳しくは確認していませんがFilebeatの方が取得できるログ情報が多いと思います。
Index Patternを作成するとfieldsが多いです。その分、同じにIndexに色々とぶっこめば解析がしやすいメリットがあるのかな?(小並感
先日、試したfluentdはkubernetesに絞っているようです。
実際に、パフォーマンスや環境に合わせて導入が必要となると思います。

参考:
https://www.elastic.co/blog/shipping-kubernetes-logs-to-elasticsearch-with-filebeat
https://www.elastic.co/guide/en/beats/filebeat/6.0/running-on-kubernetes.html

Related post

  1. Azure

    「クラウドの知識から学ぶ Azure 勉強会@旭川」に参加して話してきた。

    はじめにくどうです。今回は、勉強会レポートです。9月19日に「ク…

  2. Azure

    ルートテーブルもPowerShellではなくポータルで設定できます。

    はじめにくどうです。本日2本目です。以前はルートテーブ…

  3. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサポートしました。これ…

    はじめにくどうです。Serverless Framewor…

  4. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。

    はじめにくどうです。最近、よく聞かれることがあります。「A…

  5. Azure

    Azureポータルの地味なキーボードショートカット

    Azureポータルの地味なキーボードショートカットA:タスクの…

  6. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)

    更新アップデートしてたのでPowerMockupのシェイプも更新…

  1. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  2. 未分類

    シスタン きたみりゅうじ
  3. Azure

    Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。
  4. dev

    Visual Studio 2017 をインストールしようとしたけど失敗、でも解…
  5. Azure

    Azureでは仮想マシンのパスワードをポータルからリセットできます。
PAGE TOP