Azure

AKS ( Kubernetes ) のPod からログをfluentd を使って収集してelasticsearch + kibanaで解析する方法(k8s 1.8以上RBAC対応版)

くどうです。

Kubernetes をAzure上にacs-engineでバージョン1.8以上を展開した場合、
AKS ( Kubernetes ) のPod からログをfluentd を使って収集してelasticsearch + kibanaで解析する方法
ではfluentdの展開が行えませんでした。
原因の一つとしてはRBACがデフォルトで有効になっているためです。

追記:RBACに対応したものが本家でマージされました。
1.7でも動作します。
https://github.com/fluent/fluentd-kubernetes-daemonset/blob/master/fluentd-daemonset-elasticsearch-rbac.yaml

そこで一部、RBACに対応できるように書き換えました。
https://github.com/jkudo/azure-tools/blob/master/fluentd-es-ds.yaml

下記のようなwarnが発生します。これはconfigmapを書けば解消されると思います・・・

Related post

  1. Azure

    SQL Server で照合順序 Japanese_CI_AS どこ消えた?あった。

    はじめにくどうですSQLServerをインストールしていた…

  2. Windows

    WindowsでPowershellだけでSyslogを受信してみる。

    はじめに検証とかするときSyslog受信するのに使うので。fl…

  3. Azure

    Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。

    はじめにくどうです。RemoteAppでもローカル(クライアント)…

  4. Azure

    System Center Management Pack for Microsoft Azure …

    はじめにくどうです最新SCOMと戯れることが多くなったので…

  5. Azure

    AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。

    はじめにくどうです。Vulsです。いろいろ省きます。h…

  6. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサポートしました。これ…

    はじめにくどうです。Serverless Framewor…

  1. Linux

    EC2インスタンス(一部)のbash脆弱性(CVE-2014-6721)アップデ…
  2. Azure

    Azure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用したMFA(多要素認証…
  3. AWS

    EC2のリソースIDが長くなります。
  4. AWS

    意外と知られていないAWS認定試験の合格特典、模擬試験が無料で受けれます。
  5. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(4) クライアント編
PAGE TOP