GCP

GoogleのTitan Security KeyでGCPにログインしてみた。

Next18 サンフランシスコで発表された「Titan Security Key」を入手したので少々試してみました。
https://cloud.google.com/security-key/
残念ながら現地にはいませんでしたが・・・

Titan Security Key を要約すると
・Googleで導入した結果、フィッシング被害が0になった。
・FIDO U2F規格
・USBとBluetoothのタイプがある。
・Googleが販売する

今回、手に入れたのはUSBタイプです。fido certifiedを書かれています。

開封の儀
表にはタッチする部分があります。

裏にはしっかりとTitanと書かれています。

Windows10マシンに挿しました。自動的に認識します。

ではGoogleのアカウントの設定を行います。

アカウント設定の画面を開きます。
「Googleへのログイン」をクリック。

次の画面で「2段階認証プロセス」をクリック。

再度、パスワード入力が求められるので入力。
画面では既に複数の認証方法が登録されていますが、追加するため「セキュリティ キーを追加」をクリック。

確認画面がでます、、、すでに挿しちゃってますね

次の画面で挿したセキュリティキーにタップします。キーのタップする部分は緑色に点滅します。

タップ

ブラウザの上部に許可画面が出ます。

完了すると

追加できたことを確認できます。

では試しにGCPのコンソールにログインしてみます。
ゲストウインドウを開きログインします。
ユーザー名を入力

パスワード入力

そしてセキュリティキーをタップするように求められます。

タップしてログイン!

以上です。
見た目は単なる、二段階認証です。
さほど珍しくもないと思いますが、Googleがキーを販売するので二段階認証の普及が進むのではないでしょうか。

Related post

  1. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!

    はじめにくどうです。Google Stackdriver …

  2. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意…

    はじめにくどうです。DSaaSをProxyを使用する場合の…

  3. Azure

    Azure Firewall でFQDN filtering を利用してみる。

    はじめに新たにAzure Firewallがリリース(プレビュー)…

  4. セキュリティ

    OWASP Night 20th に行ってきた。

    はじめにくどうです。OWASP Nightに初めて行ってき…

  1. Azure

    SCOMで監視できるAzure(リソースマネージャ側)のサービス
  2. Azure

    Windows Server で Windows コンテナが動くんです!ちょっと…
  3. Azure

    Node Auto-Scaling + Kubernetes with ACS-…
  4. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azur…
  5. Windows

    ハードディスクの書き込みキャッシュを起動時にONにする
PAGE TOP