Azure

Azure Storage にTime Machine でバックアップをする方法

Macbook 買ったのでバックアップしましょう。
と、いうことでAzure Storageにバックアップします。
MacbookなのでTime Machineでバックアップします。

元ネタはここです。

最初にストレージアカウントを適当に作成(図ではv1)

次にファイル共有を作成するため移動

ファイル共有を作成します。

共有名も任意で作成します。

作成した共有のプロパティを確認します。そしてURLをメモします。

Macbookの画面でFinder→Go→Connect to Server を開きます。

メモしたURLは「https」ですが「smb」に変更し入力します。

接続されるのを待ちます。

接続確認画面がでるためConnectをクリック。

ネーム、パスワード入力画面が出ます。

ネーム、パスワードをAzureのポータル、アクセスキーを確認します。

ネームはストレージアカウント名、パスワードにはKeyを入力します。
Remember~ をチェックします。

接続できたらターミナルで /Volumes を確認します。
共有名で接続されていることを確認できます(下ではbackup)。

次に、Time Machine用のディスク(HFS+J)を作成します。
下記ではネットワーク経由で1TBのディスクを作成されるため少々時間かかります。

ポータルからも作成されていることを確認できます。

作成したディスクをマウントします。

Time Machineで利用できるように設定します。
管理者権限で実行します。

Tiem Machineを起動します。

すでにAzureTimeCapsuleがマウントされていることが確認できます。

出ない場合はSelect Diskで選択します。

Back Up Nowで即時バックアップします。

バックアップが開始されたことを確認できます。

バックアップには結構な時間がかかると思います。
以上で完了です。

基本的に、MacbookとSMBなどで接続できるサービスなら他社サービスでも出来ます。
ちなみにカリキュレーターで計算してみると1TBでの価格は7000円弱です・・・ 🙂

Related post

  1. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。

    最近、Azureの進化が止まらないので自分でも整理するために出力してみ…

  2. Azure

    仮想マシンのコア数制限について。

    コア数の制限くどうです。ちょっとハマったのでメモ。…

  3. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。

    はじめにくどうです。東京であつくて溶けました。 最近では、AW…

  4. Azure

    仮想マシンの構成がダイアグラムで確認できます。

    ダイアグラムで表示くどうです。いつの間にか、仮想マシンがダ…

  5. Azure

    みんな大好き Kali Linux がAzure Marketplaceに追加されました。これで脆弱…

    はじめにくどうです。今回はちょっとセキュリティ方面の話です…

  1. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  2. Azure

    Cognitive ServicesでVideo APIを使ってみる。APIひと…
  3. dev

    Visual Studio 2017 をインストールしようとしたけど失敗、でも解…
  4. 未分類

    fmlでメンバー以外の投稿に無視を決め込む方法
  5. 未分類

    お知らせ せきゅぽろナイトセミナー#3 やります
PAGE TOP