Azure

Azure Storage にTime Machine でバックアップをする方法

Macbook 買ったのでバックアップしましょう。
と、いうことでAzure Storageにバックアップします。
MacbookなのでTime Machineでバックアップします。

元ネタはここです。

最初にストレージアカウントを適当に作成(図ではv1)

次にファイル共有を作成するため移動

ファイル共有を作成します。

共有名も任意で作成します。

作成した共有のプロパティを確認します。そしてURLをメモします。

Macbookの画面でFinder→Go→Connect to Server を開きます。

メモしたURLは「https」ですが「smb」に変更し入力します。

接続されるのを待ちます。

接続確認画面がでるためConnectをクリック。

ネーム、パスワード入力画面が出ます。

ネーム、パスワードをAzureのポータル、アクセスキーを確認します。

ネームはストレージアカウント名、パスワードにはKeyを入力します。
Remember~ をチェックします。

接続できたらターミナルで /Volumes を確認します。
共有名で接続されていることを確認できます(下ではbackup)。

次に、Time Machine用のディスク(HFS+J)を作成します。
下記ではネットワーク経由で1TBのディスクを作成されるため少々時間かかります。

ポータルからも作成されていることを確認できます。

作成したディスクをマウントします。

Time Machineで利用できるように設定します。
管理者権限で実行します。

Tiem Machineを起動します。

すでにAzureTimeCapsuleがマウントされていることが確認できます。

出ない場合はSelect Diskで選択します。

Back Up Nowで即時バックアップします。

バックアップが開始されたことを確認できます。

バックアップには結構な時間がかかると思います。
以上で完了です。

基本的に、MacbookとSMBなどで接続できるサービスなら他社サービスでも出来ます。
ちなみにカリキュレーターで計算してみると1TBでの価格は7000円弱です・・・ 🙂

Related post

  1. Azure

    Deep Security User Night #3 に参加してきました。

    はじめにくどうですDeep Security User N…

  2. Azure

    Azureポータルの地味なキーボードショートカット

    Azureポータルの地味なキーボードショートカットA:タスクの…

  3. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意…

    はじめにくどうです。DSaaSをProxyを使用する場合の…

  4. AWS

    超メモ:cloud-initでgrowpartを利用する場合の注意

    はじめにくどうです。超メモです。これは、ハマリました。だってc…

  5. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  6. Azure

    specializedイメージをもとに仮想マシンを立ち上げるのに便利なテンプレート。

    はじめにくどうです。便利なテンプレートの紹介です。AR…

  1. Azure

    クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します…
  2. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Be…
  3. Azure

    他社さんの、社内勉強会に行ってきた。
  4. 未分類

    Microsoft Security Essentials を使ってみた
  5. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール…
PAGE TOP