AWS

意外と知られていないAWS認定試験の合格特典、模擬試験が無料で受けれます。

AWS認定試験の特典

実はあまり知られていないかもしれませんが、AWS認定試験に合格すると特典が付いてきます。

AWS Certified Solutions Architect – Associateに合格すると下記の特典が付きます。

・AWS Certified Associate: Store Access
 ストアアクセスみたい
・AWS Certified Practice Exam Benefit
 模擬試験へバウチャーをくれる
・AWS Certification SME Program
 試験問題を一緒に作成しようぜってやつ

とりあえず、申請してみる。

AWS Certified Associate: Store Access

アクセスするとログイン画面ますが、新規メンバーなので「AWS Certified Users」で登録します。

必要な情報を入力、コードは申請時に表示されたコードを入力します。

登録後、確認のメールが送信されます。
メールには、クリックしてアクティブにしてとリンクが付いてきます。
アクティブにします。

リンク先にはAWS Certified Storeが表示されお買い物ができます。
が、6つしか商品なかったです。

試しに購入画面まで。

おっと!送料が$46.84と・・・ポロシャツをカートに入れてみましたけど日本に送ってもらうと約3倍に!
ちょっと面白いこと書いてますねw
Please consider frugality and coordinate with a US co-worker to have the goods shipped to them.

AWS Certified Practice Exam Benefit

模擬試験が無料で受けれます。
これが一番良い特典かもしれません。4000円分です。
模擬試験は、試験予約のページから支払いします。

受けたい模擬試験を選択し、支払い時の画面で「バウチャー/割引クーポン」で特典画面に表示されたコードを入力します。
「CM_Benefits_FreePractice」が適用されて無料になります。

どの模擬試験でも適用できるみたいです。
新しい試験に挑戦する場合は利用するべきだと思います。

AWS Certification SME Program

下記のサイトで詳細を確認できます。

AWS Certification SME Program
https://aws.amazon.com/jp/certification/certification-sme-program/
ワークショップなどに参加して一緒に試験を作りましょう的なものです。
ワークショップへの参加することになると、旅費やホテル代も出してくれて、朝昼晩の飯提供もあるみたいです。

ただし結構ハードル高いです。
AWSの実践経験とstrong English writing skills が必要・・・強力な英語の書くスキル。
むりぽ。

特典のリンクから飛ぶとと興味あるの?Yes or Noで聞かれてきます。

興味あって英語出来る人は参加してみては?

まとめ

模擬試験をタダで受けれる特典はとても良いと思います。その他2つの特典もうれしい人にはうれしい(?)。
意外と知られていない特典ですが有効に活用していきましょう。

Related post

  1. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか

    はじめにくどうです。以下は超メモです。AWSでSysprepは何…

  2. AWS

    Azure仮想マシンがやってるポートフォワーディングをAWSのELBでやってみる。

    くどうです。小ネタです。Azureでは便利なことに仮想マシンを新…

  3. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。

    はじめにくどうです管理運用面倒ですね・・・そこで、楽に…

  4. AWS

    EC2のリソースIDが長くなります。

    はじめにくどうです。新しく作成したアカウントではAWSがI…

  5. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定

    くどうですメモですAWSでインスタンスを立てたとき、yum…

  6. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!

    はじめにくどうです。Google Stackdriver …

  1. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!
  2. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレー…
  3. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる…
  4. 未分類

    お知らせ せきゅぽろナイトセミナー#3 やります
  5. セキュリティ

    Chrome Remote Desktopはポートを開ける必要が無い、コピペも出…
PAGE TOP