未分類

Karesansuiのインストール方法

HDEが公開したオープンソースなサーバー仮想化管理ソフトウェア「Karesansui」を使ってみた。
http://www.karesansui-project.info/

前提条件

Xenが入ってDomain-0で動作している
CentOS5.3である
WebブラウザでJavaが動作すること

Karesansuiのをダウンロードします。tarですがソースではありません。

# wget http://globalbase.dl.sourceforge.jp/karesansui/40135/karesansui-1.0.0-1-install-pack.tar.gz
# tar zxvf karesansui-1.0.0-1-install-pack.tar.gz

事前に依存関係を解消しておきます

# yum -y install gnutls-utils qemu cyrus-sasl-md5 iscsi-initiator-utils

Karesansuiをインストールする。インストーラが付属しています。

# ./karesansui-instal

インストーラが立ち上がった画面
karesansui1
ホスト名には外部から接続できるものを入れたほうが良い(IPアドレスでもOK)
パスワードはWebブラウザからのログインパスワード、メールアドレスがログインユーザになります
karesansui2
DBはこのままスルーで
karesansui3
続行
karesansui4
インストール途中画面
karesansui5
おめでとうございます!
karesansui6

インストーラ終了したらアクセス方法が表示されます

終了しました。
下記サイトにアクセスしログインしてください。ログインIDは’level69(あっと)gmail.com’です。
https://localhost.localdomain/karesansui/v1/
http://localhost.localdomain/karesansui/v1/
詳細は、/root/karesansui-install.log を参照してください。

Webブラウザより
http://192.168.xxx.xxx/karesansui/v1/
設定したログインID(メールアドレス)、パスワードを入力してログインします。
karesansui7
ログイン後のUIです。とてもシンプルで分りやすい。
karesansui8
ホストが表示されているのでクリックしてみます
すると、ホストに関する情報が表示されます
karesansui9
上にある追加ボタンを押すと他のホストも登録できるようです
karesansui10
追加画面
karesansui11
次は実際に新しくゲストを追加します
右側にドメインツリーがありこれを選択するか、ホストを選択肢、詳細が表示された後、もういちどホストを選択します。
karesansui12
ゲスト一覧で作成を選択します。
karesansui13
ゲストの設定がでます。入力!
karesansui16
入力!
karesansui17
入力!
karesansui18
作成!
karesansui19
OK画面
karesansui20
追加されたらこんな感じ
下にステータスが現れます
karesansui21
動いていたら右上のRUNがピコピコ点滅します
karesansui22
ドメインツリーからゲストを選択します
karesansui23
タブからコンソールを選択すると画面出てきます。
karesansui24

直感的に扱いやすいUIです。
それに動作がけっこう軽いです。

Related post

  1. 未分類

    LPIC level3 受けませんか?

    LPIC Level3 の勉強をしてみようLevel2は持ってます(…

  2. 未分類

    Hotwired Japan → WIRED VISION

    なつかしい・・・2006年4月から停止していたHotwired Jap…

  3. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)

    オープンソースの3Dデスクトップ環境がSunからリリースされたもようで…

  4. 未分類

    アップグレードしました。

    WordPress MEの古いままだったのでアップグレードしてみた。…

  5. 未分類

    drbdのインストール

    LOCALインフラ部の勉強会で聞いたり、SoftwareDesign6…

  6. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(4) クライアント編

    「CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェン…

  1. お知らせ

    第10回北海道情報セキュリティ勉強会を開催します!
  2. Windows

    WindowsでPowershellだけでSyslogを受信してみる。
  3. Azure

    Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。
  4. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  5. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!
PAGE TOP