Windows

WebPI4.0を利用してIIS8.0にWordPressをインストールしよう

IIS8.0にWordPressをインストールする方法を説明します。

WebPIを利用して自動インストールを行うか、自力でインストールするか2パターンがあります。

今回は、まずWebPIを利用して自動インストールを行います。

 

WebPIは4.0を利用します。3.0ではインストール時にエラーが発生します。

ただし!自動と書いていますがIIS8.0もWebPI4.0もベータ版すべてを自動でとはいきませんでした。

IIS8.0は自分で役割追加する必要があります。

サーバーの役割で「Webサーバー(IIS)」を追加します。

次に以下の役割サービスを追加します。
・「状態と診断」-「ログツール」と「要求の監視」
・「アプリケーション開発」-「.NET Extensibility 4.5」と「CGI」

 

次にWebPI4.0をインストールします。

http://www.microsoft.com/web/webmatrix/next/

WebPI4.0をインストールするには「WebMatrix 2 Beta」をインストールするフリをします(w

ごめんなさい緑の人。

「Exit」します!

WebPI4.0を起動し直します。

「アプリケーション」で「WordPressに日本語版パッケージ」をAddしましょう。
そして「Install」します。

初期設定の画面です。ここではMySQLのパスワードを設定します。

ダウンロードするソフトなどの確認画面がですます「I Accept」します。

インストール途中~~~

WordPressの初期設定を行います。

パスフレーズを入力します。

インストール完了画面が表示されます。

「Finish」するとブラウザが起動されWordPressの設定画面が表示されます。

あとは必要に応じて入力しましょう。

WebPI4.0を利用してIIS8.0にWordPressをインストールしました。

WebPI4.0もIIS8.0もベータなので将来はすべて自動でインストールできるだろう。

 

簡単でしょ?WebPIはOSSインストールするには便利ですよ。

Related post

  1. AWS

    Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい

    記事は古いですが、BizSparkのライセンスをAWSに持ち込むことが…

  2. Linux

    Windows に Bash がやってきた!使えるまでの道のりは長い!

    はじめにくどうですとうとうこの日がやってきました。Wi…

  3. Windows

    WindowsでPowershellだけでSyslogを受信してみる。

    はじめに検証とかするときSyslog受信するのに使うので。fl…

  4. Linux

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストール時の解像度の変更方法

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストー…

  5. Linux

    PowerShell on Bash on Ubuntu on Windows が簡単に出来るように…

    はじめにくどうです。どうやら、PowerShellがapt…

  1. Azure

    Azure Cloud Shell のユーザーを確認してみる。それでもrootが…
  2. Linux

    Windows 10 Creators UpdateでApache on Ubu…
  3. セキュリティ

    \( ´・ω・)/°\(・ω・`)/バルス!!!
  4. Azure

    クラウド間のファイル共有はSMBで暗号化しよう。
  5. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!
PAGE TOP