Windows

WebPI4.0を利用してIIS8.0にWordPressをインストールしよう

IIS8.0にWordPressをインストールする方法を説明します。

WebPIを利用して自動インストールを行うか、自力でインストールするか2パターンがあります。

今回は、まずWebPIを利用して自動インストールを行います。

 

WebPIは4.0を利用します。3.0ではインストール時にエラーが発生します。

ただし!自動と書いていますがIIS8.0もWebPI4.0もベータ版すべてを自動でとはいきませんでした。

IIS8.0は自分で役割追加する必要があります。

サーバーの役割で「Webサーバー(IIS)」を追加します。

次に以下の役割サービスを追加します。
・「状態と診断」-「ログツール」と「要求の監視」
・「アプリケーション開発」-「.NET Extensibility 4.5」と「CGI」

 

次にWebPI4.0をインストールします。

http://www.microsoft.com/web/webmatrix/next/

WebPI4.0をインストールするには「WebMatrix 2 Beta」をインストールするフリをします(w

ごめんなさい緑の人。

「Exit」します!

WebPI4.0を起動し直します。

「アプリケーション」で「WordPressに日本語版パッケージ」をAddしましょう。
そして「Install」します。

初期設定の画面です。ここではMySQLのパスワードを設定します。

ダウンロードするソフトなどの確認画面がですます「I Accept」します。

インストール途中~~~

WordPressの初期設定を行います。

パスフレーズを入力します。

インストール完了画面が表示されます。

「Finish」するとブラウザが起動されWordPressの設定画面が表示されます。

あとは必要に応じて入力しましょう。

WebPI4.0を利用してIIS8.0にWordPressをインストールしました。

WebPI4.0もIIS8.0もベータなので将来はすべて自動でインストールできるだろう。

 

簡単でしょ?WebPIはOSSインストールするには便利ですよ。

Related post

  1. AWS

    Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい

    記事は古いですが、BizSparkのライセンスをAWSに持ち込むことが…

  2. Windows

    IIS8 vs IIS7.5(仮)

    Windows Server 8 ベータがでたのでIIS8とWindo…

  3. Windows

    ハードディスクの書き込みキャッシュを起動時にONにする

    注意:何も起きないかもしれませんが、何が起きてもしりません。本番機では…

  4. AWS

    パソコン同士をVPNで接続する方法(お気に入りツールの紹介)

    はじめにくどうですパソコン同士をVPNで接続する場合が多く…

  5. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか

    はじめにくどうです。以下は超メモです。AWSでSysprepは何…

  1. Azure

    Azure PowerShell 1.0 Preview を導入してみよう。ちょ…
  2. 未分類

    本を読む -Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック-
  3. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)
  4. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
  5. Azure

    Azure RemoteAppにWeb Clientがサポートになりました。地味…
PAGE TOP