Linux

Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストール時の解像度の変更方法

Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストール時に

解像度が大きくなりディスプレイはみ出すことがよくあるのでメモ。

 

解像度の変更方法

ディスクを入れてから最初の画面で[TAB]キーを押します。

> vmlinuz initrd=initrd.img resolution=800×600

[resolution=800×600]を追記します。

これだけ。

800x600は環境によって変更してください。

Related post

  1. AWS

    Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい

    記事は古いですが、BizSparkのライセンスをAWSに持ち込むことが…

  2. Windows

    WindowsでPowershellだけでSyslogを受信してみる。

    はじめに検証とかするときSyslog受信するのに使うので。fl…

  3. Linux

    一定回数のログイン失敗でロックしちゃうぜ!

    メモくどうです一定回数ログイン失敗でロックさせたい場合…

  4. Azure

    WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!

    はじめにくどうです。前回のコンテナの基本的な扱いの続きです。今回は…

  5. Windows

    ハードディスクの書き込みキャッシュを起動時にONにする

    注意:何も起きないかもしれませんが、何が起きてもしりません。本番機では…

  6. Linux

    超メモ:Zabbixの外部チェックでrubyスクリプトを動かす時のポイント

    くどうですrubyをrbenvでインストールした場合、アクセス権の…

  1. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。
  2. セキュリティ

    おれ、CySecの講座受講するってよ。
  3. Azure

    リソースのLockは大事です。ポータルからも設定できます。
  4. セキュリティ

    Chrome Remote Desktopはポートを開ける必要が無い、コピペも出…
  5. AWS

    マネージドサービスだけでAzureとAWSを接続する方法。
PAGE TOP