Azure AppService (WebApps)で Sendmailを利用する方法。これでSendGridもPerlで使えます。

はじめに

くどうです。

Linuxではsendmailが重宝され、様々なアプリケーションで利用されています。 Postfixになっても互換コマンドが使えるなど永久に無くならないでしょう。

そこで、Azure AppService のWebAppsでsendmailを利用する方法を紹介します。 WebAppsは基本的にインストールは行えません。しかも中身はWindowsです。

では、どのようにWebAppsでsendmailを利用するか?fake sendmail for windowsを利用します。 fake sendmailはWindowsで動作するsendmail ライクなアプリケーションです。 しかも、インストールが必要なく単独で動作します。

fake sendmailを利用することでPerlに限らず、PHP、RubyなどWebAppsで動作する言語全てで利用可能です。 また、SMTP AUTHに対応しており、SendGridにも問題なく対応可能です。

今回は例として、PerlでSendGridを利用方法を紹介していきます。 WebApps + Perl + SendGrid の組み合わせです。 現状、これが一番シンプルな方法だと思います。

fake sendmailの設置

fake sendmail for windowsのサイトから、sendmail.zipをダウンロードしてきます。 解凍後、以下のファイルをkudu等を利用し、WebAppsにsendmailというフォルダを作成、保存します。 sendmail.exe sendmail.ini ssleay32.dll libeay32.dll

設置例

次にSendGridで送信する設定をします。SendGridは事前に立ち上げUsernameを取得しておきましょう。 Passwordは作成時に設定しているものです。

sendmail.iniの以下の部分を編集します。

以上で、sendmailの設定は完了です。

次に実際に送信するPerlを準備します。

Perlで送信

perlをWebAppsで利用するには以下を参考ください。 「App Service (Web […]

LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

はじめに

くどうです。

皆さんは、LinuxConをご存知でしょうか。

本家サイトでは下記のような説明がされています。 http://events.linuxfoundation.jp/events/linuxcon-japan LinuxCon Japan は、アジア地域における最大の Linux カンファレンスです。コア開発者、管理者、ユーザー、コミュニティ マネージャー、業界専門家が一堂に会します。このイベントは、単に協業を推進するだけでなく、日本やアジア諸国と世界の Linux コミュニティとの今後の交流を促進するものです。各種プレゼンテーション、チュートリアル、BOF (分科会) セッション、基調講演、ミニサミットなどが用意されています。

おもな参加者

23 か国以上から 700 人超の参加者 (日本からの参加者 80%) ソフトウェア開発者、Linux IT プロフェッショナル、企業エンド ユーザー、経営理者層、IT 管理専門職、システム管理者、学生、メディア、および Linux エコシステムに関心のあるすべての方。

要は、アジアで最大のLinuxハッカー達の祭典です。 今回は、ContainerConとAutomotive Linux Summitど併催しました。そこで去年に続きスタッフとして参加してきました。

なにをやったのか

今回の、スタッフとしての役割はカメラマンでした。平行するセッションは多いためカメラマンが足りないとのことなのでカメラ持参し撮影していました。

カメラマンスタッフ仲間

無限増殖するパン

リーナスも来ています。

3日間、カメラマンとして撮影してきました。 セッションは100近くあり会場内を歩き回り撮影していました。おーつかれた。 久しぶりで腕がなまっていましたが、楽しかったので良しとします。

セッション参加

ひとつだけセッションに参加しました。 IoT 101: Getting Connected for Developers http://events.linuxfoundation.jp/events/linuxcon-japan/program/iot-101-getting-connected-for-developers

Microsoftが行うハンズオン形式のセッションです。 […]

超メモ:cloud-initでgrowpartを利用する場合の注意

はじめに

くどうです。

超メモです。これは、ハマリました。 だってcloud-init利用したgrowpartだけ動作しないんですもん!

なにが起きたか

cloud-initを利用して領域を自動拡張しようと思っていました。 しかし!起動時に拡張されない?なぜかとログを見るとgrowpartだけ動いていません・・・なぜでしょう。 色々と検証しました。

原因

これでした。 /etc/cloud/cloud.cfg

localeはen_US.UTF-8でなければ動作しないというバグ?っぽいものがありました。

に修正してから再起動すると拡張されます。

まとめ

cloud-initは便利ですが、思わぬところでハマリました。