SQLServerで必要なポートをあける。コピペでどーん。

はじめに

くどうです。メモです。

コピペ

Microsoft Azure でDockerはじめちゃいますか?

じゅんくどうです。 本投稿は「Azure Advent Calender 2014」12月7日分の投稿になります。Azure Advent Calender 2014は各人が12月25日まで思い思いにAzureについて投稿するイベントです。今回は、(たぶん)Microsoftも注目しているDockerについて書きます。

MicrosoftとDocker

最近、Microsoft界隈の方も「Docker」という言葉を頻繁に耳にすると思います。そう、10月15日にDocker社と提携したという発表があったためです。また、スコットガスリー氏のブログで、次期Windows ServerでDockerをサポートするとともに、Docker Hubとの統合も行えるようにすると書かれています。これによってWindows でもDockerが動くということになり、Windows、Linuxという壁を越えてDockerを扱えるようになります(なるはずです)。

現状、WindowsがサポートしているのはDocker Clientです。Docker ClientはAPI、コマンドラインによる操作が可能となります。

AzureでDockerを使ってみる

AzureでDockerを使う方法として2つ。 – Linuxインスタンスを立ち上げてDockerをインストールする。 – 用意されたCoreOSイメージを利用する。

前者はapt-getやyumでインストールして利用しようって感じです。 後者は仮想マシンで用意されているCoreOS利用する方法です。 前者については真新しいものでもないので、今回は後者の方法を見ていきたいと思います。

では、最初にAzureポータルから仮想マシンを作成。CoreOSイメージを選択しましょう。 おっと、2つイメージが表示されます。何が違うのか確認してみましょう。 DockerとCoreOSのバージョンを調べてみました(2014/12/03時点)

①CoreOS Alpha

②CoreOS Beta

Dockerのバージョンは、1.3.2と同じものになります。 CoreOSのバージョンがAlpha版は509.1.0、Beta版は494.1.0となります。 Alphaの方が最新版になるくことに注意しましょう。

さて、実際にイメージを選択しインストールしていきます。 Alpha版をインストールします。 仮想マシンの作成方法は変わりませんので、適当に入力/選択します。

ここも一緒です。

拡張機能は使えないのでそのまま進めましょう。 将来的に、Deep Security Agentが使えるといいなぁ(願望)

はいこれで完了です。 簡単ですねーーー。

ではログインしてみましょう。 ・・・・それでは、面白くないのでDocker CLI for […]

Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい

記事は古いですが、BizSparkのライセンスをAWSに持ち込むことができるらしい。 http://aws.typepad.com/aws_japan/2011/10/new-use-your-microsoft-bizspark-licenses-on-aws.html

実際に下記のページに行くとサブスクリプションの入力画面があります。 https://portal.aws.amazon.com/gp/aws/html-forms-controller/contactus/MicrosoftBizSpark

 

サブスクリプションIDを入力してSubmitすると

 

指示に従ってリンク先にいくと登録されています。 すでにアカウントあるか?ってきかれてるっぽいので「Yes」をクリック。

 

アカウントナンバーの入力画面が出るので、同意のチェックを入れて、ナンバーを入力します。

 

「Validate Account」をクリックしてやります。

セットアップOKってでるので、これでWindows Server、SQL ServerのライセンスがBizSpark変更されるのでLinuxと同じ値段で使えるぜ!

[…]