SQLServerで必要なポートをあける。コピペでどーん。

はじめに

くどうです。メモです。

コピペ

WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!

はじめに

くどうです。 前回のコンテナの基本的な扱いの続きです。今回は、ContainerでWebサーバーを起動して接続してみます。

Quick Start https://msdn.microsoft.com/virtualization/windowscontainers/quickstart/managepowershell#HostaWebServerinaContainer

Azureの設定

Containerで利用されるIPアドレスが172.16.0.0/24です。 仮想マシンに割り当てられるIPアドレスは172.16.0.0/16のため、重複するとQuik Start通りにいきません。 そこで、仮想マシンを作成する過程でIPアドレスを変更します。 図のようにプレビューポータルでは、作成時にIPアドレスの設定をします。 CIDRを10.0.0.0/16に指定します。

もしくは、仮想ネットワークへ作成し所属させましょう。

エンドポイントを指定します。HTTPをTCPでパブリックポート:80、プライベートポート:80で作成します。

プレビューポータルでの設定は完了です。

Containerの設定

Powershellを起動します。

New-ContainerコマンドでContainerを作成します。

Start-ContainerコマンドでContainerを起動します。

Enter-PSSessionコマンドでContainerに接続します。

Quik Startではnginxをインストールしていますが、せっかくのWidnowsServerなのでIISをインストールします。 Add-WindowsFeatureコマンドでWeb-Serverを追加します。

IPを確認します。

終了します。

Get-NetNatコマンドでのNameを確認します。 ContainerNATです。

Add-NetNatStaticMappingコマンドでポートフォワーディングの設定をします。 InternalIPAddressには、ContainerのIPを指定します。ExternalIPAddressには0.0.0.0を指定します。

ファイヤーウォールの設定をします。HTTP(TCP/80)を開けます。

確認

仮想 IP アドレスを確認し、IISのデフォルトページが表示できることを確認します。

まとめ

Containerの設定を行いました。ContainerがWindowsなのでIISが動きます。 多少、Quick […]

Windows Server で Windows コンテナが動くんです!ちょっとだけおさわりしてみたよ。

はじめに

くどうです。 Windows Server Container Previrewがでました。 Azureでは既に使えるようになっています。 さっそく使ってみましょう。

ちなみにContaniertosとは? They are an isolated, resource controlled, and portable operating environment. Basically, a container is an isolated place where an application can run without affecting the rest of the system and without the system affecting the application. Containers are the next evolution in virtualization. If you […]