specializedイメージをもとに仮想マシンを立ち上げるのに便利なテンプレート。

はじめに

くどうです。

便利なテンプレートの紹介です。 ARMではテンプレートを利用することで簡単にリソースを設定することが可能です。 AWSでいうところCloudFormationです。

今回、紹介するテンプレートは、specializedイメージから仮想マシンを立ち上げるテンプレートです。 specializedイメージとはSysprepやWaagentで一般化を行わなかったイメージになります。

テンプレート

前回の投稿でStorage(ASM)からStorage(ARM)へコピーしADを立ち上げることを書きました。

Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。

コピーしたイメージ(VHD)から仮想マシンを立ち上げる方法として2つが利用可能です。

既存の仮想ネットワークを使用し、specialized イメージから仮想マシンを作成する Create a specialized virtual machine in an existing virtual network https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/201-specialized-vm-in-existing-vnet

入力項目

specialized イメージから仮想マシンを作成する Create a VM from a specialized VHD disk https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/201-vm-from-specialized-vhd

入力項目

2つの違いは、仮想ネットワークを新規に作成するか、既存のものを利用するかの違いです。

とくにWindowsのサーバーの役割ではSysprepに対応していない機能が多くあります。そんな場合はSyspreせず上記のテンプレートを利用しましょう。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh824835.aspx

まとめ

なにかと本テンプレートを利用します。覚えておくとよいと思います。 PowershellやCLIで直接立ち上げるのもありだと思いますが・・・

ではでは

[…]

クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します。クラシックではなくリソースマネージャです。

はじめに

くどうです。

Azureでユーザーイメージを展開する方法です。 クラシックではなく、リソースマネージャです。 やっていることは、AWSでは直接VMとして取り込むVMインポートと、イメージとして登録するAMIの中間ぐらいことです。 ここでいうユーザーイメージは、カスタマイズ設定したOSイメージのことです。

ユーザーイメージの展開の大まかな流れは以下です。 1、ユーザーイメージを作成 2、ユーザーイメージをAzureストレージへアップロード 3、アップロードしたイメージからの展開

その中でも今回は、3番からの方法を説明します。

展開方法

アップロードしたイメージから展開する方法はいくつかあります。 Azure CLIやAzure Powershell、templateを利用した方法です。

最も簡単なtemplateを利用した方法です。

ユーザーイメージをAzureストレージへのアップロードが完了したら、以下のサイトへ移動します。 https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/101-vm-from-user-image [Deploy to Azure]を押下します。

もしくは下記を押下します。 Deploy to Azure

テンプレートの設定が表示されます。

テンプレートの編集を押下し、以下の項目を環境に合わせて変更します。 (publicIPAddressName、vmName、virtualNetworkName、nicName、addressPrefix、subnet1Name、subnet1Prefix、publicIPAddressType)

パラメーターの設定をします。

「USERIMAGESTORAGEACCOUNTNAME」にはストレージアカウント名を入力します。 「OSDISKVHDURI」にはユーザーイメージを保存したのURIを入力します。 「DNSLABELPREFIX」にはDNSラベルを入力します。 「ADMINUSERNAME」には管理者の名前を入力します。 「ADMINPASSWORD」には管理者のパスワードを入力します。 「OSTYPE」にはWindowsかLinuxを選択します。 「VMSIZE」には立ち上げるサイズを入力します。 サイズについては下記を参考。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-size-specs/

サブスクリプションの設定をします。 これは、ユーザーイメージの保存されているサブスクリプションです。

リソースグループを選択します。 これも同様に、ユーザーイメージを保存しているサブスクリプションです。

法律条項を読み「作成」を行います。

以上でユーザーイメージの展開は完了です。

まとめ

Azureではすでにユーザーイメージから仮想マシンを展開するテンプレートが用意され、GitHubにあります。 そこから、コマンドラインではなくポータルから簡単に展開することができます。 特に、カスタマイズしたイメージを利用し、単体で展開する場合など利用すると便利かと思います。 今回は、単体での展開でしたが複数台の仮想マシンを展開する場合など、別途他の方法が必要となります。

[…]