Cognitive ServicesでVideo APIを使ってみる。APIひとつでココまでできちゃいます。

はじめに

くどうです。

Cognitive Servicesは22のAPIがあります。 その中でも動画に関するAPI、「Video API」があります。

前回のFace APIに続き紹介したいと思います。 Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

Video APIはStabilization、Face detection and tracking、Motion detection、Video thumbnailの4つが機能としてります。 https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/video-api

サポートする形式はMP4、MOV、WMV 最大100MBまでのサイズです。 アウトプットされる動画は24時間で消えます。

それぞれ、サンプルアプリで確認していきます。

APIの有効化

Video APIはポータルから起動できません。 有効化するにはCognitive Servicesのサイトから行います。 https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/video-api からGet started for freeをクリックします。

Let’s go をクリックします。

ログインを求められます。マイクロソフトアカウントでログインします。 アプリケーションの許可を求められます。

Video – Previewにチェックをいれ、agreeしてsubscribeします。

APIが有効化されたるとKeyをコピーできるようになります。

サンプルアプリを試す

Video APIを利用する場合、サンプルのアプリケーションが下記に用意されています。

ProjectOxford-ClientSDK https://github.com/Microsoft/ProjectOxford-ClientSDK/tree/master/Face/ 今回はWindows、開発環境はVS2015で作成していきます。 https://github.com/Microsoft/ProjectOxford-ClientSDK/tree/master/Face/Windows 最初に、レポジトリをダウンロードします。 […]

Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

はじめに

くどうです。

Cognitive Services はde:codeのKeynoteでも話題になっていました。 https://www.microsoft.com/cognitive-services ドアを開けるデモなどやってました。

Cognitive Servicesでは言語、音声、視覚、知識の分野でAPIが提供されています。 その中でも、Face APIは写真で顔検知、分析、グループ化、タグ付けが行えるようになっています。 GoogleなどでもFace APIは提供されています。比較しやすためFace APIのサンプルアプリを試してみたいと思います。

Cognitive Services を準備する

Azureポータルから立ち上げます。

今回は、Face APIを選択します。

あとは作成します。 これで、Face APIの利用が可能になります。

サンプルアプリを試す

Face APIを利用する場合、サンプルのアプリケーションが下記に用意されています。

ProjectOxford-ClientSDK https://github.com/Microsoft/ProjectOxford-ClientSDK/tree/master/Face/

今回はWindows、開発環境はVS2015で作成していきます。 https://github.com/Microsoft/ProjectOxford-ClientSDK/tree/master/Face/Windows

最初に、レポジトリをダウンロードします。 ProjectOxford-ClientSDK-master\Face\Windows\Sample-WPF\FaceAPI-WPF-Samples.slnのソリューションを開きます。 開いたら、ビルドします。 以上で完了です。

実際にサンプルを動かしてみます。 実行するかF5で起動します。

起動するとSubscription Keyの入力を求められます。

Keyはポータルから確認できます。 SettingからKeysを開きます。

Keyをコピーして貼り付けます。 張り付けたらSaveします。

では試しに、Face Detectionを利用してみます。顔認識です。 自分の写真を選択して確認してみました。

おっと、女性として認識されています。あとこれ撮った時はガチスマイルだったんだけど(w 年齢は・・・

サルでも結構認識されるもんだ。

[…]