Azure AppService (WebApps)で Sendmailを利用する方法。これでSendGridもPerlで使えます。

はじめに

くどうです。

Linuxではsendmailが重宝され、様々なアプリケーションで利用されています。 Postfixになっても互換コマンドが使えるなど永久に無くならないでしょう。

そこで、Azure AppService のWebAppsでsendmailを利用する方法を紹介します。 WebAppsは基本的にインストールは行えません。しかも中身はWindowsです。

では、どのようにWebAppsでsendmailを利用するか?fake sendmail for windowsを利用します。 fake sendmailはWindowsで動作するsendmail ライクなアプリケーションです。 しかも、インストールが必要なく単独で動作します。

fake sendmailを利用することでPerlに限らず、PHP、RubyなどWebAppsで動作する言語全てで利用可能です。 また、SMTP AUTHに対応しており、SendGridにも問題なく対応可能です。

今回は例として、PerlでSendGridを利用方法を紹介していきます。 WebApps + Perl + SendGrid の組み合わせです。 現状、これが一番シンプルな方法だと思います。

fake sendmailの設置

fake sendmail for windowsのサイトから、sendmail.zipをダウンロードしてきます。 解凍後、以下のファイルをkudu等を利用し、WebAppsにsendmailというフォルダを作成、保存します。 sendmail.exe sendmail.ini ssleay32.dll libeay32.dll

設置例

次にSendGridで送信する設定をします。SendGridは事前に立ち上げUsernameを取得しておきましょう。 Passwordは作成時に設定しているものです。

sendmail.iniの以下の部分を編集します。

以上で、sendmailの設定は完了です。

次に実際に送信するPerlを準備します。

Perlで送信

perlをWebAppsで利用するには以下を参考ください。 「App Service (Web […]

App Service (Web Apps) でPerl CGIを動作させる。立ち上げてすぐ使えます。

はじめに

くどうです

さて、Azure App Service (Web Apps)でもPerl動かしたいですよね? はい、動きますよ!

下記ではStrawberry Perlを使っています。これでも動きます。 Microsoft Azure Web App で Perl の CGI を動かす https://memobog.azurewebsites.net/2015/09/25/microsoft-azure-web-app-%E3%81%A7-perl-%E3%81%AE-cgi-%E3%82%92%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%99/

ですが、すでに現在はPerlは立ち上げてすぐに利用できます。 一発です! Microsoft Azure Advent Calendar 2016のネタです。

Web.configの設置

Web.configの設置するだけで利用できます。

perl が最初からインストールされています。

あとはWeb.configを保存してサービスを再起動させるだけ。超簡単!!!

これでOK!!!

まとめ

インストールも必要ないですし、ひと手間必要ですが動作します。 全ての挙動は確認していません、、、hello worldぐらい(汗 あとは自己責任でw

ではでは