CentOSにHinemosをインストールする方法(1)

NTTデータからオープンソースとして公開されている、運用管理のソフトです。 http://www.nttdata.co.jp/services/hinemos/

マネージャ、エージェント、クライアントから成り立っています。 監視できるノードはWinsows、Linux、Unixなどなど大丈夫みたいです。

下の図は、クライアントでリアルタイムで監視している、グラフを表示させているものです。

Winsows端末で監視できるのが良いかもしれないです。 ただ、ノードの登録が手動であるため、ちょっとめんどくさいかも。

今回は、CentOS5.1にHinemosをインストールする方法を検証いていきます。

Linux Kernel 2.6.17 – 2.6.24.1 vmsplice Local Root Exploit

milw0rmではコードが公開されてます。 http://www.milw0rm.com/exploits/5092

上記のExploit code使って、デフォルトインストールなCentOS 5.0 で検証。 うまくいきました。

リモートで実行できないので直ぐに対処が必要というわけでもなさそうだが・・・ きもちわるい。

Kernel再コンパイルが必要なみたい。

CD、FDがないノートパソコンにCentOS5を入れる方法

CD、FDがないモバイルなノートパソコンにCentOS5を入れる方法です。 CentOS5だけでなくDebian、Fedoraでもうまくいきます。 ただ自分の環境ではFedora6は途中でフリーズした。

材料 ・ノートパソコン ・デスクトップパソコン(Linux) ・HDD2.5->USB変換(デスクトップに繋げて認識するらななんでもいいかも) ・ネット環境

アジェンダ ・はじめに ・grubのインストール ・ブート ・インストール ・おわりに

・はじめに インストールはいたって単純 grubのインストール→インストーラをブート→ネットワークインストール こんな感じです。かんたんでしょw

・grubのインストール grubをデスクトップの方へダウンロードします。 #wget ftp://alpha.gnu.org/gnu/grub/grub-0.97-i386-pc.tar.gz

変換機でノートパソコンのHDDをデスクトップに接続します。

ノートパソコンのHDDを20Mぐらいでパーティション作成してext2で初期化します。

マウントします。

ディレクトリ作ります。 #mkdir -p /[マウントポジション]/boot/grub

grub解凍したあとにstage1とstage2コピーします。 #cp /[解凍場所]/stage* /[マウントポジション]/boot/grub

デスクトップのgrubを立ち上げます。 #/sbin/grub

grubでMBRに書き込み grub> root (hd1,0) ←sdaでもhd*、*は何個目のHDDかを書く、その後ろはパーティション。 grub> setup (hd1) grub> quit

successとでればインストール成功。

2つのファイルを/[マウントポジション]/boot/にダウンロード #wget http://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/centos/5/os/i386/isolinux/initrd.img #wget http://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/centos/5/os/i386/isolinux/vmlinuz

コレで下準備終了。

・ブート ノートパソコンにHDDを接続して立ち上げます。

grubが立ち上がったらブートします。 […]