\( ´・ω・)/°\(・ω・`)/バルス!!!

\( ´・ω・)/°\(・ω・)/バルス!!!

くどうです。

今回は、Vuls Advent Calendar 2016のネタです。

だがしかし、全然準備も用意していなかったので思い出話(え ネタ投稿です。ゴメンナサイ (使われている画像は特に許可取っていません。サーセンw)

githubのトレンドで堂々1位

Vulsはgithubのトレンドで10月1日に全世界でNo1になっています。 トレンドは直近24時間で何個スターを取得したかによって決まります。

9月30日 いつものようにFBのTLを眺めていると Github トレンド4位に入ったと情報を入手。

さっそく煽ってみる。

なんか黒い事いってます(w

約2時間後、vulsがgithubで2位浮上だと!!!スゲー

(ちなみに、まだビールはゴチにはなっていない)

FBで何となく盛り上がる。

が、おかしいいそのあと反応がない・・・

翌10月1日 01:38 とうとう一位です! おかしい・・・反応がない とりあえずFB張り付けてみた

あれ?反応がないw まさか!?

\( ´・ω・)/°\(・ω・)/バルス!!! 夢オチじゃなく寝オチでした。

チャンチャン。

それでも、現在でもスターの数は3351(2016/12/05 17:45)を取っています。 (くどうの地元の人口より多いなw)

それだけ注目されているVulsです。 今後、活用事例など沢山出てくると思います。今後にも期待して見守って行きたいと思います。

[…]

「バルス!」 Vuls祭り#1に行ってきた。

しゃべってきた

くどうです

Vuls祭り#1に行ってきました。 http://vuls-jp.connpass.com/event/38391/

VulsとAzureでしゃべってきました。

Vuls x Microsoft Azure from Jun Kudo

内容としては

AzureでVulsが利用できるサービスについて それぞれやってみた結果 実務で利用してる人に色々きいてみる

5分だったけど・・・何分しゃべったんだろう(ビアバッシュで酔ってました。

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。Docker編

はじめに

くどうです。

Vulsです。前回と一緒。 いろいろ省きます。ただし今回はDockerで動作します。 https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

https://github.com/future-architect/vuls/tree/master/setup/docker

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。 DockerにVuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。 ユーザー名はvulsuserです。

コピペ

Dcokerにインストール

http://[vulsserver]/vulsrepo/ にアクセスするとVulsRepoがみれます。

まとめ

今回はDockerでどーん。 ではでは