ThinkITで記事を書いた

ThinkITさんで、「Windows Server 8 ファースト・コンタクト」ということで連載させてもらいました。

URL: http://thinkit.co.jp/book/2012/01/01/3154

 

第1回 Windows Server 8の基本的な設定手順

第2回 Windows Server 8でよく使うネットワーク機能の設定

第3回 Windows Server 8のPowerShell3.0とIIS8.0

 

第3回で分けて書かせてもらいました。

業務でよく使う機能を紹介したつもりでした。が~何かまとまっていないなぁっと(汗

 

中身は新機能であるチーミング、iSCSIターゲット、あとはDNS、DHCP、Active Directory、PowerShell3.0、IIS8.0です。

Hyper-Vについては全然触れなかった。なぜなら、Hyper-Vは書きたいことだらけなのでボリューム的に駄目だなっと。

コンシューマー版が出たらまたベンチとか取りながら検証しよう。

Hyper-V3が2よりもっさり感が無くなったしイイネ。

そんなこんなで家のメインのサーバが8になっちゃた。

 

引き続き、こっちのブログでもWindows Server 8は追っかけますよっと!

第10回北海道情報セキュリティ勉強会を開催します!

第10回お菓子担当です(w

第10回北海道情報セキュリティ勉強会(せきゅぽろ)を以下のとおり開催いたします。

http://secpolo.techtalk.jp/10thworkshop

今回はネットエージェント株式会社 研究開発部の松田 和樹さんをお招きして「OSS/Java/.NETプログラマが意識すべきバイナリ解析の素養」についてお話いただきます。

●プロフィール eagle0wl(いーぐるおうる)(https://twitter.com/#!/eagle0wl) 松田 和樹 ネットエージェント株式会社 研究開発部 北海道札幌市出身。せきゅぽろ代表のナオキとは中学時代の友人。その縁で参加する流れに。 共著として『クラッキングバイブル 新装版』『クラッカー・プログラム大全 新装版』(いずれもデータハウス刊)など。 競技ヨーヨーの全国大会を開催する『日本ヨーヨー連盟』(www.jyyf.org)の設立メンバーであり、2010年12月の社団法人化まで運営理事。毎年フロリダ州で開催される世界大会『World Yo-Yo Contest』で補助スタッフを務めたことがある。 ●概説 「バイナリ解析」あるいは「リバースエンジニアリング」と呼ばれる技法は、情報セキュリティ技術を語る上で外すことのできないジャンルとして、ほぼ定着してきています。しかし、この技法をプロダクトやサービスとして重用できる局面は非常に限定されており、広く開放されているものとしてはCTF(Capture The Flag) を代表とするセキュリティコンテストぐらいのもので、なかなか習得する機会に恵まれないのが現状です。 今回のセッションでは、OSS/Java/.NETプログラマを主なターゲットとして「リバースエンジニアリング」を中心とした基礎知識の解説に始まり、逆アセンブルや逆コンパイルなどから何がわかるのか、不正コピーといたちごっこの歴史、オンラインゲームのチート行為とその対策、なかなか実を結ばない「対策ソリューション」、誰でもできる前向きなリバースエンジニアリングのススメなど、バイナリ解析といった狭い用法にとらわれず、多くの事例をネタにしながら割と自由奔放に語ります。 せきゅぽろ恒例のおやつタイムもありますので、おいしいおやつをいただきながらバイナリ解析について勉強しましょう。 勉強会終了後には講師を囲んで懇親会を開催します。多数の皆様のご参加をお待ちしております。 [hashtag]: #secpolo 【勉強会】 テーマ バイナリ解析 メインセッション OSS/Java/.NETプログラマが意識すべきバイナリ解析の素養 日 付 2012年3月17日(土) 時 間 13:30~17:00 会 場 月寒公民館 3F 第3研修室

(札幌市豊平区月寒中央通7丁目8-19) http://www1a.biglobe.ne.jp/t-koumin/ 定 員 50名 参加費 社会人:1,000円(学生、未成年:500円) 申し込み http://tinyurl.com/7b3kas5 注 […]