WebPI4.0を利用してIIS8.0にWordPressをインストールしよう

IIS8.0にWordPressをインストールする方法を説明します。

WebPIを利用して自動インストールを行うか、自力でインストールするか2パターンがあります。

今回は、まずWebPIを利用して自動インストールを行います。

 

WebPIは4.0を利用します。3.0ではインストール時にエラーが発生します。

ただし!自動と書いていますがIIS8.0もWebPI4.0もベータ版すべてを自動でとはいきませんでした。

IIS8.0は自分で役割追加する必要があります。

サーバーの役割で「Webサーバー(IIS)」を追加します。

次に以下の役割サービスを追加します。 ・「状態と診断」-「ログツール」と「要求の監視」 ・「アプリケーション開発」-「.NET Extensibility 4.5」と「CGI」

 

次にWebPI4.0をインストールします。

http://www.microsoft.com/web/webmatrix/next/

WebPI4.0をインストールするには「WebMatrix 2 Beta」をインストールするフリをします(w

ごめんなさい緑の人。

「Exit」します!

WebPI4.0を起動し直します。

「アプリケーション」で「WordPressに日本語版パッケージ」をAddしましょう。 そして「Install」します。

初期設定の画面です。ここではMySQLのパスワードを設定します。

ダウンロードするソフトなどの確認画面がですます「I Accept」します。

インストール途中~~~

WordPressの初期設定を行います。

パスフレーズを入力します。

インストール完了画面が表示されます。

「Finish」するとブラウザが起動されWordPressの設定画面が表示されます。

あとは必要に応じて入力しましょう。

WebPI4.0を利用してIIS8.0にWordPressをインストールしました。

WebPI4.0もIIS8.0もベータなので将来はすべて自動でインストールできるだろう。

 

簡単でしょ?WebPIはOSSインストールするには便利ですよ。

[…]

IIS8.0でPHPを使ってみよう

IIS8.0でPHPを使う方法を説明します。

やり方はIIS7.5などと一緒です。

事前にPHP最新版をダウンロードしておきます。

PHP 5.4 (5.4.0) VC9 x86 Non Thread Safe http://windows.php.net/download/

c:にでも解凍しておきます。

 

Windows Server 8をインストールした後、役割の追加を行います。

サーバーの役割で「Webサーバー(IIS)」を追加します。

役割サービスの選択で「アプリケーション開発」-「CGI」を追加します。

IEからhttp://localhostにアクセスしてみるとIIS8の文字が!!!

「 インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャ」を起動します。

「ハンドラーマッピング」を開きます。

右クリックで「モジュールマップの追加」を選択します。

「モジュールマップの追加」に入力します。

要求パス *.php

モジュール FastCgiModule

実行可能ファイル php-cgi.exeを参照

名前 適当に(w

C:inetpubwwwroot配下にphpinfo.phpを作成します。

<?php phpinfo(); ?>

http://localhost/phpinfo.phpにアクセスします。

これだけです!簡単でしょ!

 

次はwordpressを動かします。

[…]

さくらVPSのリニューアル

さくらVPSのリニューアル

http://www.sakura.ad.jp/news/sakurainfo/newsentry.php?id=620