Azure

Azure Custom Visionで画像分類してみる

はじめに

Custom Visionを利用して画像分類して遊んでみたいと思います。

クイックスタート: Custom Vision ポータルを使用して画像分類モデルを構築する - Azure Cognitive Services | Microsoft Docs
クイックスタート: Custom Vision ポータルを使用して画像分類モデルを構築する - Azure Cognitive Services | Microsoft Docs

このクイックスタートでは、Custom Vision Web ポータルを使用して画像分類モデルを作成、トレーニング、テストする方法について説明します。

docs.microsoft.com

今回は、豚肉、牛肉、羊肉を分類してみたいと思います。

Custom Vision

Custom Visionを使い始めるのは簡単です。

下記よりサインインします。

Custom Vision - Home
Custom Vision - Home

customvision.ai

サインイン後にプロジェクトを作成します。

必要事項を入力します。DomainはGeneralで問題ないです。

以上で準備は完了です。

次に分類する画像を学習させます。

写真にタグ付け

次に画像分類のために学習させます。butaとタグをつけて学習させます。

たまに失敗します。

同様にgyuとhitsujiを登録します。

登録後に学習させます。Trainで学習させます。

クイックトレーニングです。数分でおわります。

完了です。

 

クイックテスト

実際に分類できるか確認してみます。

豚肉の写真を判定してみたいと思います。

50%で豚肉判定です。

もう一枚ためしましたが牛肉判定されてしまった。

牛肉は分かりやすいようです。

最後に羊を判定。

まとめ

学習する写真の枚数などによっても精度が変わってくると思います。肉はほぼ見た目も変わらないことから短時間では精度はよくありません。お遊び程度です。精度を上げるには写真の枚数、学習の仕方を変更することで上がると思います。

興味がある人は試してみてください。

 

 

-Azure
-