AWS

Azure仮想マシンがやってるポートフォワーディングをAWSのELBでやってみる。

くどうです。

小ネタです。
Azureでは便利なことに仮想マシンを新規で作成した場合RDPのポートをランダムにフォワーディングしてくれます。
これは、作成時にロードバランサーが作成されるためです。また、これは外部からのアクセスに対してデフォルトポートが変更されているため、セキュリティ的に有効です。
pf01

しかしAWSでは、EC2上でポートをインスタンス側で変更する必要があります。OS側のデフォルトポートを変更には少なからずリスクがあります。やりたくないですね~
そこで、「Elastic Load Balancer」(ELB)を利用します。構成はいたってシンプルです。
下記の構成では外部側のポートを55555に設定し、3389(RDP)に変換する設定にしています。
pf02

実際に設定するのはLoad Balancer PortとInstance Portです。
pf03

ヘルスチェックはTCP:3389で設定することでRDPが動作していればELBがインスタンスへポートフォワーディングを行います。

ELB側でStatusがInServiceと表示されたら、WindowsマシンなどからELBのDNS Name接続してみましょう。
Winodwsのリモートデスクトップの場合、ポート指定は最後に「DNS Name:port」になります。
pf04

アクセスできることを確認したらOK!

これらは、RDPだけに使えるものではなくTCPなら基本使えるものなのでいろいろと試してみてはいかがでしょう。

Related post

  1. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

    はじめにくどうです。Diagnostics(診断)設定をす…

  2. AWS

    EC2のリソースIDが長くなります。

    はじめにくどうです。新しく作成したアカウントではAWSがI…

  3. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。

    はじめにくどうです管理運用面倒ですね・・・そこで、楽に…

  4. Azure

    AzureでFreeBSD!Marketplaceから簡単に利用できるようになった。

    はじめにくどうですあなたはFreeBSDユーザーですか?…

  5. Azure

    LinuxConにスタッフしてきました。Azure IoTも体験してきたよ!

    はじめにくどうです。皆さんは、LinuxConをご存知でし…

  6. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!

    はじめにくどうです。Google Stackdriver …

  1. その他

    第1回IETF勉強会に参加してきました。標準化の世界へようこそ。
  2. Azure

    仮想マシンの構成がダイアグラムで確認できます。
  3. Windows Server 2012

    ThinkITで記事を書いた
  4. Azure

    Azureでは仮想マシンのパスワードをポータルからリセットできます。
  5. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。
PAGE TOP