未分類

「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(1)

4月ぐらいからVirtual Server 2005 R2が無償ダウンロードできるようになったのでどんなものか試してみたいと思います。
類似品にXenやVMware ESX/GSX Server、VirtualCenterなんかがあります。
XenはLinuxベース、VMware ESX/GSX Server、VirtualCenterはWindows/Linuxベースで使えるみたいです。
Xenはオープンソースだし、VMwareは評価版が出ているので今度、検証してみたいと思います。

さて今回は、Windows Server 2003 R2上にVirtual Server 2005 R2をインストール。
その後、ゲストOSとFedora5をインストールする計画。

「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(1)
ではVirtual Server 2005 R2のインストールとバーチャルマシンの準備を行います。

インストール環境
OS:Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition 評価版コピー ビルド 3790 (Service Pack 1)
CPU:Celeron 900MHz
MEM:512MB

前提条件としてIISがインストールされていること、インストールされていないとVirtual Server 2005 R2
セットアップを完了することできません。インストール開始する前にIISをインストールしておいてください。
■①Virtual Server 2005 R2のインストール

ここからたどってsetup.exeをダウンロードします。

セットアップを開始します

セットアップ

セットアップ完了後

完了

ここでとりあえず管理Webサイトにアクセスしてみましょう。

管理WEB画面

当然、インストールして最初なのでバーチャルマシンは定義されていませんので、バーチャルマシンを定義しましょう。
■②バーチャルマシンを定義する

左側のメニューから[バーチャルマシン]→[作成]を選択。
バーチャルマシンの作成を行います。
今回はFedora5をいれるので名前は「Fedora5」で作成してます。
あとネットワークはよくわからないので内部ネットワークにしています。
メモリとかは自分の環境に合わせて行ってください。

バーチャルマシンの作成

作成のボタンを押すとすぐに作成されます。
作成後にバーチャルマシンの詳細が表示されます。

マシンの状態

とくに難しい作業はなく、インストールとバーチャルマシンの準備ができました。
次回は実際にFedora5をインストールしていきます。

Related post

  1. 未分類

    バックアップを取りましょ その1

    バックアップは大事です・・・バックアップにはいろいろな手法、手段が…

  2. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法

    注意!!下記の作業を行ってデータ吹っ飛んでも責任はもてないよ。そこんと…

  3. 未分類

    XREAにEC-CUBEを入れる方法

    オリジナルなECサイト構築ができる「EC-CUBE」がロックオンより9…

  4. 未分類

    本を読む -Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック-

    SE話の本です。結構、きたみりゅうじ氏のファンはいるのではなかろうか…

  5. 未分類

    仮想化技術ってつかえるの?

    一台のサーバに複数のOSをいれちゃって物理リソースを共有しちゃう技術で…

  6. 未分類

    オープンソースカンファレンス2007 Hokkaido

    今年もオープンソースカンファレンスの時期ですwさて、どんな講演が…

  1. 未分類

    EC-CUBE SQLインジェクション脆弱性について(2008年10月1日)
  2. その他

    PowerMockupが便利でっせ。有料だけど。
  3. Azure

    Azure上のActive Directoryをディレクトリサービス復元モード(…
  4. 未分類

    オタリーマンを買ってしまった。
  5. GCP

    GoogleのTitan Security KeyでGCPにログインしてみた。
PAGE TOP