未分類

「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(1)

4月ぐらいからVirtual Server 2005 R2が無償ダウンロードできるようになったのでどんなものか試してみたいと思います。
類似品にXenやVMware ESX/GSX Server、VirtualCenterなんかがあります。
XenはLinuxベース、VMware ESX/GSX Server、VirtualCenterはWindows/Linuxベースで使えるみたいです。
Xenはオープンソースだし、VMwareは評価版が出ているので今度、検証してみたいと思います。

さて今回は、Windows Server 2003 R2上にVirtual Server 2005 R2をインストール。
その後、ゲストOSとFedora5をインストールする計画。

「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(1)
ではVirtual Server 2005 R2のインストールとバーチャルマシンの準備を行います。

インストール環境
OS:Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition 評価版コピー ビルド 3790 (Service Pack 1)
CPU:Celeron 900MHz
MEM:512MB

前提条件としてIISがインストールされていること、インストールされていないとVirtual Server 2005 R2
セットアップを完了することできません。インストール開始する前にIISをインストールしておいてください。
■①Virtual Server 2005 R2のインストール

ここからたどってsetup.exeをダウンロードします。

セットアップを開始します

セットアップ

セットアップ完了後

完了

ここでとりあえず管理Webサイトにアクセスしてみましょう。

管理WEB画面

当然、インストールして最初なのでバーチャルマシンは定義されていませんので、バーチャルマシンを定義しましょう。
■②バーチャルマシンを定義する

左側のメニューから[バーチャルマシン]→[作成]を選択。
バーチャルマシンの作成を行います。
今回はFedora5をいれるので名前は「Fedora5」で作成してます。
あとネットワークはよくわからないので内部ネットワークにしています。
メモリとかは自分の環境に合わせて行ってください。

バーチャルマシンの作成

作成のボタンを押すとすぐに作成されます。
作成後にバーチャルマシンの詳細が表示されます。

マシンの状態

とくに難しい作業はなく、インストールとバーチャルマシンの準備ができました。
次回は実際にFedora5をインストールしていきます。

Related post

  1. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる)

    SystemRescueCDはCDではなくUSBに入れることができます…

  2. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク

    RHEL5がまだリリースされそうに無いため気晴らしにベンチマーク を採…

  3. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク  RHEL5もベンチしてみる

    前回の続きです。 リリース版をダウンロードしてベンチマークをとりました…

  4. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(1)

    NTTデータからオープンソースとして公開されている、運用管理のソフトで…

  5. 未分類

    お知らせ せきゅぽろナイトセミナー#3 やります

    せきゅぽろナイトセミナー#3『ガンブラー対策をめぐるWeb制作者とセ…

  6. 未分類

    XREAにEC-CUBEを入れる方法

    オリジナルなECサイト構築ができる「EC-CUBE」がロックオンより9…

  1. Azure

    Office365のポータルから購入できるライセンスはいっぱいあります。
  2. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(2) マネージャ編
  3. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストして…
  4. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法
  5. Azure

    他社さんの、社内勉強会に行ってきた。
PAGE TOP