Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベース移行を行ってみる。これで、マルチクラウドBCPもできちゃうかもね。

はじめに

くどうです。 今回のお題はデータベース移行についてです。

先日(11/26)、Attunity Replicate Expressの提供が開始されました。 http://www.insight-tec.com/products/Attunity/attunity_replicate_express

Attunity Replicate は異種DB間レプリケーションのためのソフトウェアです。 特にメリットとしては、エージェントのようなものは要らずレプリケーションが可能です。SaaSでは最適なソフトウェアとなります。 そのなかで、Expressは無償バージョンとなります。 無償バージョンなので以下のような制限があります。

ソースデータベース

Oracle SQL Server MySQL DB2 LUW Informix Sybase ASE

ターゲットデータベース

Oracle SQL Server Hadoop

制限事項

一日あたりのレプリケーション転送上限 250,000レコード ひとつのレプリケーションタスクの実行 タスク・スケジューラー、ファイル転送サービス、ユーザプロファイルの変更は不可

まず、制限事項を考えた場合、常時レプリケーションを行うものではなく移行などでのシーンの活用などが考えられます。 250,000レコードを超えるものについては数日に分けて移行作業を行うの一つの手かもしれません。

ソースデータベースとターゲットデータベースを見ていると…なぜでしょう… (個人的見解ですがががが)AWSからAzureへの移行ツールに見えてきてしかたがないのですがががが(汗 AWS RDS から Azure SQL DatabaseやAzure HDInsight に移行するツールですね…

なので今回は、AWS RDS から Azure SQL Database […]

Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。

はじめに

くどうです。 RemoteAppでもローカル(クライアント)側にディスクを利用したい機会があります。 通常は、利用できません。Azure Powershellで設定を行います。

設定

Azure RemoteApp でリダイレクトを使用する https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/remoteapp-redirection/

対象のコレクションに下記のコマンドレットをセットします。

注意:設定前にすべてのユーザーをログアウトさせてあげましょう。

上記をセットすると、ローカルのディスクがリダイレクトされ使えるようになります。

おわりに

ローカルのディスクが利用できるにこしたことはありませんが、なるべくファイルをローカルに残さない運用が望ましいです。 RemoteAppはどこでも、いつでも、だれでも使えることがメリットです。ローカルにファイルがあるとメリットが一部受けられなくなりますね。 セキュリティ的にも、色々なところにファイルが保存されるのは望ましいものではありません。

ではでは。

Azure PowerShell 1.0 Preview を導入してみよう。ちょっと便利になるかな?

はじめに

くどうです。 Azure PowerShell 1.0 Previewがでました。ですので、使ってみましょう。 プレビューなのでミッションクリティアルな場面では利用しないでくだない(だそうです)。

元ネタ Azure PowerShell 1.0 Preview https://azure.microsoft.com/en-gb/blog/azps-1-0-pre/

Resource Manager コマンドレットを導入する

事前に旧バージョン(~0.9.8)Microsoft Azure PowerShellをアンインストールしておきましょう。

実行ポリシーを変更します。

NuGetギャラリーからモジュールをダウンロードしインストールします。

事前にMicrosoft Azure PowerShell をアンインストールしない場合下記のエラーが発生します。

Insall-AzureRMコマンドレットでモジュールをインストールします。

Login-AzureRmAccount コマンドレットでログインします。 ログイン画面が表示されます。

サブスクリプションを確認し選択します。

Get-AzureRmVMコマンドレットでVMの情報を取得してみます。

Service Management コマンドレットの導入

AzureRm系のコマンドレットをインストールした状態だとService Management側(Azure ポータルのリソース)の操作が行えません。 そこで、Import-Module Azureにより利用できるようにします。

アカウントの追加も問題なく行えます

仮想マシンの状態を確認します。

削除

削除する場合は以下のコマンドレットです。

[…]