Azure

Azure PowerShell 1.0 Preview を導入してみよう。ちょっと便利になるかな?

はじめに

くどうです。
Azure PowerShell 1.0 Previewがでました。ですので、使ってみましょう。
プレビューなのでミッションクリティアルな場面では利用しないでくだない(だそうです)。

元ネタ
Azure PowerShell 1.0 Preview
https://azure.microsoft.com/en-gb/blog/azps-1-0-pre/

Resource Manager コマンドレットを導入する

事前に旧バージョン(~0.9.8)Microsoft Azure PowerShellをアンインストールしておきましょう。

実行ポリシーを変更します。

NuGetギャラリーからモジュールをダウンロードしインストールします。

事前にMicrosoft Azure PowerShell をアンインストールしない場合下記のエラーが発生します。

Insall-AzureRMコマンドレットでモジュールをインストールします。

Login-AzureRmAccount コマンドレットでログインします。
ログイン画面が表示されます。

サブスクリプションを確認し選択します。

Get-AzureRmVMコマンドレットでVMの情報を取得してみます。

Service Management コマンドレットの導入

AzureRm系のコマンドレットをインストールした状態だとService Management側(Azure ポータルのリソース)の操作が行えません。
そこで、Import-Module Azureにより利用できるようにします。

アカウントの追加も問題なく行えます

仮想マシンの状態を確認します。

削除

削除する場合は以下のコマンドレットです。

まとめ

SwitchせずにResource Managerが利用できるので便利です。
現在は、プレビューでPowerShellを用いてのインストールのみです。
インストーラーでの提供が行われるまで我慢しましょう。

おまけ:AzureRMのコマンドレット一覧

Add-AzureRm~ という形に入れ替わってます

関連記事

  1. Azure

    Azure Kubernetes Service (AKS)でknativeを動作させる方法

    はじめにAKSでknativeを動作させるためには、公式ドキュメン…

  2. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  3. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azure Resource…

    はじめにくどうです。最近、PCを入れ替えてAzure PowerS…

  4. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)

    更新アップデートしてたのでPowerMockupのシェイプも更新…

  5. Azure

    Microsoft Azure でDockerはじめちゃいますか?

    じゅんくどうです。本投稿は「Azure Advent Calende…

  6. Azure

    Azure Active Directory の削除方法。それ、ServicePrincipalの問…

    はじめにくどうです。みなさんAzure Active Direct…

  1. 未分類

    テーマを変更
  2. 未分類

    EC-CUBE SQLインジェクション脆弱性について(2008年10月1日)
  3. AWS

    Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい
  4. Azure

    Azureのリソースをもっとライトに管理運用しよう。
  5. Azure

    Azure App Service に設置した WordPress から Azu…
PAGE TOP