de:code 2016に参加した!

はじめに

くどうです。

de:code2016に参加してきました! 3回目の参加になります。つまり最初から参加しているくどうですがここまで大きなイベントになるとは、、、

de:codeとは

de:codeとは以下コピペ https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2016/

de:code 2016 は、マイクロソフト テクノロジの方向性と最新情報はもとより、「クラウド」 「モバイル」を最大限に活かせるテクノロジをすべての IT エンジニアの皆様にご紹介する 2 日間のイベントです。3 月 30 日から 4 月 1 日の 3 日間、米国サンフランシスコで開催された Build 2016 の情報をはじめ、インフラ系/運用管理系を得意とするエンジニアの皆様にも役立つ情報をお届けします。クラウドとモバイルを活用することで広がるビジネスの可能性をお届けするキーノート、実践的なノウハウを盛り込んだブレイクアウト セッション、また、海外からのゲスト スピーカーやオープンソースのキー インフルエンサーを多数お迎えし、グローバル水準の最新情報をご提供します。他にも、マイクロソフトやパートナー企業の展示、パーティーなどのさまざまなプログラムを通じて、ビジネス ネットワーキングの場としてもご活用いただけます。

というように、今回はオープンソースがらみの人たちの参加が多かった気がします。。

キーノート

生サティア・ナデラでした! 初めて見ました。ちょっと興奮してましたw トヨタのコネクテッドカーの話もしていました。

キーノートはビジネスのお話が多かったです。

コスプレ担当の井上さん

各セッション

今回は、OSS系のセッションに参加していました。 むしろ、Server系などのセッションには参加していませんでした。

まとめ

OSSのセッションが増えた!これはうれしいことです。ちょっと未来を感じます。 ただ、会場がごった返していたのが残念でした。

[…]

Azureでは仮想マシンのパスワードをポータルからリセットできます。

はじめに

くどうです。

Azureで、仮想マシンのパスワードをリセットできるようになっていました。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-windows-reset-rdp/

操作

パスワードのリセット方法は簡単です。 設定でパスワードリセットを開きます。 パスワードを入力して完了です。 Windows(VMAccess extension)、Linux(VMAccessForLinux extension)両方対応しています。

おわりに

パスワードが簡単にリセットできる反面。ポータルへのアクセス制御に一層気を使う必要が出て気がします。 簡単に変更され、アクセスされちゃいますもん。

ではでは

FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。

はじめに

くどうです

オンプレを扱っていた時に慣れ浸しんだ、FortiGateがAzureマーケットプレイスにあったのでちょっと試してみました。

注意:BYOLのみ対応。つまりライセンスファイルないと起動できないよ!

立ち上げてみる

必要な情報を入力します。 Admin Userとパスワードは設定を行う時に必要となります。

ネットワークとストレージの設定を行います。

IPアドレスの設定を行います。

確認画面

購入の画面ですが・・・金額については書かれていません。FortiNetのサイトを見なさいと・・・

作成するとリソースグループにはLoad Balancerなど含め9つのリソースが作成されました。 (Singleの場合)

構成は下記のような感じです。BackendServersは別途立ち上げ必要があります。また、FortiGateでの設定も必要になります。

実際に設定を行う場合は、FortiGateのIPアドレスを直にブラウザからHTTPSで閲覧します。

ユーザー名とパスワードを入力するとライセンスファイルの入力画面が現れます。

見慣れた画面は落ち着きますw

おわりに

今回は立ち上げるだけで実際は動作させていません。ライセンスがないためです。 ただ、このようなFW系のアプライアンスがAzureマーケットプレイスにはあります。 それぞれ、オンプレで培った技術が盛り込まれているため、そのまま資産を引き継ぐこともできると思います。 マーケットプレスで自分に合ったFWを探すのも良いかもしれません。

ではでは

[…]